2018年5月9日のvs巨人戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神メッセンジャー、巨人吉川の先発で始まる。1回裏に阪神は大山のフィルダースチョイスでピンチを広げ岡本と亀井のタイムリーで2点先制される。阪神は4回まで吉川を打てずやっと5回表に四球から梅野のタイムリー2塁打で1点を返す。1点差に迫るが6回裏にメッセンジャーが亀井にソロホームランを喰らう。その直後の7回表に大山原口の連打で無死1-2塁のチャンスを作るがピッチャー澤村の巧みな牽制で大山が痛恨のタッチアウトでチャンスが萎む。阪神は9回まで6イニング連続で先頭打者を出したにも関わらず全く点が取れずに1得点のみで試合が終了。最終スコア1-3で阪神の敗戦となる。日テレG+とMBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【金本監督の試合後のコメント】

―残塁が8つと多くホームが遠かったことについて

金本 まあ、得点圏でのバッティングでしょうね。ランナー無しの状況とは違うわけだからピッチャーもギアを入れてくるわけだし、そのあたりのバッティングかな。

 

―大山がけん制アウトになったことについて

金村 澤村のクイックが早いから焦ったのかもしれない。スタートを早く切りたかったのかなあ。(特に責める様子はなかった模様)

 

―初回の大山のフィルダースチョイスについて

金本 あのあたりは若さが出た。この苦い経験を次に生かして二度と同じようなミスをしないように今日の事を良い経験にしてほしい。

 

―先発のメッセンジャーについて

金本 途中からは良さが出て来たけれども、初回のあのプレー(大山のフィルダースチョイス)がなければね。まあ、悪いなりに試合は作ってくれましたよ。

 

―福留に疲れはないか?

金本 ここまで出続けているんでね。もしかしたら疲れもあるかもしれませんね。

 

―大山のスタメン起用について

金本 もちろん期待はしています。そろそろバッティングの状態も良くなっているのもあるけれども、やっぱりスタメンで出すのは守備を考えての起用ですよ。

 

以上です。

大山のフィルダースチョイスとけん制タッチアウトの2つのミスが響いて負けましたね。メッセンジャーは本当に悪いなりに試合をまとめて素晴らしいと思いました。大山はいつ打ち始めるのかなあ。

おすすめの記事