2018年5月1日のvs横浜DeNA戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合展開は阪神先発秋山、DeNA今永で始まりました。阪神打線は1回裏に上本のヒットを皮切りに糸井、糸原、俊介のタイムリーで3点を先制する。その後も阪神は追加点を重ねて4点を取る。阪神先発の秋山はスイスイといき8回まで3安打、最終回に1点を取られるも完投勝利。最終スコアは7-1で阪神が勝利した。試合後のコーチのコメントはGAORAとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【勝利監督インタビュー】

アナ 快勝でしたね。

 

金本 まあ、そうですね。よく点も取ってくれましたし、割と安心して見ていられる試合でした。

 

アナ 秋山投手は序盤から安定したピッチングでしたね。

 

金本 そうですね。インサイドを上手く使ったりとか、変化球も色々、緩急をつけたり、フォークボールも良かったですし、ほぼ最終回以外は安心して見ていました。

 

アナ 最終回8年ぶりの完封か、というところでしたが監督はいかがでしたか。

 

金本 そうですね。できれば完封をしてほしかったですけど、完投してくれたんで9連戦のど真ん中で今日はほぼブルペンでは誰も肩を作っていないと思うんで、それが1番大きかったですね。

 

アナ 打つ方では初回から素晴らしい攻撃でしたね。

 

金本 3点ですかね。よく繋げてくれて、あれでけっこう主導権を握れたんでね。そういう初回からドンといってくれる試合がたくさんできれば良いと思いますけど。

 

アナ あえてタイムリーじゃなくて、2番の植田海選手について聞きたいのすが上手く繋ぎというかチームの流れを作っていると思いますがいかがでしょうか。

 

 

金本 はい。今日も2本打ったんですかね。バントも決めてくれたり。今日は足を使う場面はなかったんですけど、非常に楽しみな待望の足の速い選手が出てきてくれてね。まあ、まだ力はレギュラーレベルではないんですけど、しっかり伸びていってほしい選手ですね。

 

アナ 昨日の広島戦から少しずつ雰囲気が変わっているような気がするんですが、監督の目からご覧になっていかがでしょう。

 

金本 どうですかね。昨日の逆転勝ちというか、そのマツダスタジアムでなんとか投手陣が粘って勝ち取った勝利でチーム全体に自信をつけているような雰囲気は、ハッキリとは感じないんですけど、そうなってくれればいいなと思っています。

 

アナ 明日、明後日、更にそれ以降の甲子園での6連戦に期待しております。

 

金本 そうですね。ゴールデンウィークなんで、たくさんのファンが見に来てくれると思うんでね。本当にいい試合をして勝って喜ばしてあげたいです。

 

 

【香田投手コーチの試合後のコメント】

香田 今日は味方も早めに点を取ってくれて、追加点も取ってくれ、秋山はリズムが変わらずにらしさが出た。9連戦の中での完投勝利はやっぱりチームにとってもありがたい。ブルペンも誰も肩を作らずに完全休養できたんじゃないかな。今日は秋山の良いところを梅野が引き出してくれた。高低内外の全てを上手く使ってくれた。(松山での試合が流れて8日間の登板間隔が空いたので)前回から何とかしてやろうという気持ちも出ていたし、間隔が空いたのが良い効果になったんじゃないかな。

 

【片岡ヘッドコーチの試合後のコメント】

片岡 (上本は)チームに勢いをつける長打を打ってくれて昨日の勢いをそのまま甲子園に持って来てくれた。

 

 

以上です。

快勝で金本監督も嬉しそうな表情でしたが、上本がサイクル安打に王手を掛けたところで鳥谷に交代したのはいただけないですね。もうハッキリと上本の方が実力で勝っているので上本を使い続けるべきでしょう。

おすすめの記事