2019817vs読売ジャイアンツ戦@東京ドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は西勇輝、巨人の先発は高橋優貴。阪神は初回近本セーフティバントからチャンスを作り満塁までいくが大山が凡退し得点できず。逆に巨人は1回裏に坂本がホームランを打ちアッサリと1点先制。西はこのあと何度もピンチを迎えますが61失点でまとめる。7回裏、西に代わって能見が登板しましたが、亀井の2塁打からピンチを作りノーアウト満塁になり岡本に犠牲フライと阿部のタイムリー、ここで守屋に代わりゲレーロにタイムリーを打たれこの回に一挙3点取られる。阪神はこの直後の8回表に北條、福留の連続ホームランで2点差とする。しかし、反撃もここまで最終スコア2-4で阪神の負け。G+の野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―初回の先制のチャンス

矢野 あそこで1本出なかったことが昨日と変わっていない。もっともっと一人一人が変えてやろうという気持ちにならないといけない。プロとして同じような負け方で本当に悔しい。

 

8回表の北條と福留のホームラン

矢野 (7回裏に3失点し4点差となり)点差が広がれば相手の攻め方も変わる。だから接戦の間に1点を取りたかった。これが本当の強さになるのだから。

 

昨日は怒り心頭の会見だったようですが、今日は気持ちを抑えた会見だったようです

 

 

以上です。

単純に打てる選手がいないだけでしょうね。核になる選手がいないから誰が監督をやっても同じ。
おすすめの記事