2018年10月7日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで今季の埼玉西武ライオンズの優勝について落合博満が張本勲と番組MCの関口宏と共に語っています。

 



得点771リーグ1位
失点636ワースト1位
本塁打191リーグ1位
失策84ワースト1位
打率.273リーグ1位
防御率4.27ワースト1位

(失策はリーグトップの成績という意味です)

 

関口 西武が優勝しましたけどちょっと情けなかったんだ。これ負け試合ですよね。負け試合で胴上げしなきゃいけないからもうひとつ盛り上がりが欠けているのかなと私は感じましたから。

 

張本 2位のソフトバンクが負けて決定ですからね。

 

関口 はい。

 

落合 いや関口さんね、そう言うけども、勝とうが負けようが胴上げはいいんですよ。

 

関口 いいんですか?

 

落合 私は全部やってますから。

 

関口 はい。

 

落合 負けて胴上げでしょ、それで勝っても胴上げして。

 

関口 うん。

 

落合 ゲームなしで相手が負けて胴上げするでしょ。それで引き分けでも胴上げやってるんですよ。

 

関口 それで気分は変わらないもんですか?

 

落合 それはね1年間戦ってきて、最後これで優勝というのは何か恥ずかしいような気もするけど、それは頭から外れます。

 

関口 そうですか。

 

張本 アッパレあげてください。

 

落合 アッパレ3つぐらいあげてください。

 

関口 開幕から首位のまま優勝チームというのは1938年春の阪神、1953年の巨人、1962年の東映、1997年のヤクルトに続く5つ目のチームです。

 

張本 V9の巨人もやってないんだ。珍しいね。

 

落合 本番前に話を聞いてたら1962年の東映の優勝というのは、この時のMVPは張本さんなんだって。

 

関口 へぇ~!そうでしたか。

 

張本 21歳。ハハハ(笑)

 

関口 そうですかぁ。まあ、今年の西武の優勝を見ていきますとリーグ1位とワースト1位がグチャグチャになってるちょっと荒っぽいチームかなという気も致しますが。

 

落合 うーん。こういう野球をやらざる負えなかったんだと思います。

 

関口 そういうことなんですね。

 

落合 はい。

 

 

以上です。

落合中日は変な形の優勝が多かった記憶があります。

おすすめの記事