2018年6月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.楽天戦で先発をして673日ぶりの勝利をあげた読売ジャイアンツの今村信貴の杉内直伝のスライダーについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の今村の投球内容】

6回90球、被安打4、奪三振4、四死球0、失点0

 

【今村のヒーローインタビューの一部】

今村 今年は3軍キャンプから始まり、色んなコンディション不良もありましたけど、皆様の支えの中でここまでできたので本当に感謝したいと思います。またチャンスがあるかどうかは分からないですけど、自分らしい投球をやっていきたいと思います。

 

 

稲村 今村投手が673日ぶりの勝利をあげました。

 

野村 良かったですよね。ヒーローインタビューでも言っていましたけど、3軍からのスタートで3軍の時に杉内投手にスライダーを教わったということで。

 

稲村 はい。

 

野村 『ストレートを100%で投げるんであればスライダーは120%で投げろ』と。スライダーというのはストレートよりもスピードが当然落ちるんで腕を早く振らないといけないというのは当然の事なんですけど、里崎さん、今日スライダーが非常に良かったですか?

 

里崎 スライダーとコントロールも良かったですよね。

 

野村 なるほど。

 

里崎 アウトコースにスライダーなんかを投げ切れているからこそ相手も崩れ打っていますし、今日は全体的にコントロールが良かったですね。

 

野村 なるほど。彼の場合、球種も少ない中でストレートとスライダーは生命線だと思うんですけど、江本さん、ピッチャーはストレートとスライダーが基本の中でやっぱり腕の振りは大事ですよね。

 

江本 まあ、それはいつも言われることでね。ピッチャーは腕の振りが悪い時は真っ直ぐのボールの回転も悪いしね。それから変化球も生きてこないという。

 

野村 はい。

 

江本 まあ、それは典型的なパターンですよね。ボールが走っていると多少コントロールが悪くても抑えられますよね。

 

野村 だから、このピッチングがいいきっかけになって次に繋がってくれるといいですよね。

 

稲村 こんなに久々に勝つとピッチャーとしてはスゴい嬉しいんじゃないですか。

 

野村 当然ですよ。手応えがあったと思いますからね。

 

 

以上です。

台所事情が苦しい巨人先発陣で左の先発として使えるならいいでしょうね。このピッチングを継続させることが何より大事ですね。3軍からやってきて673日ぶりの勝利は良かったです。

おすすめの記事