2018年8月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でセンター前の当たりを飛び込んで捕りファインプレーでアウトにした東京ヤクルトスワローズの西浦直亨ののプレーについて元中日阪神の田尾安志、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ ヤクルトはこれで3連敗ということでちょっと苦しいです。

 

高木 はい。やっぱり、守備の要の西浦。

 

アナ はい。

 

高木 バッティングではワンランク上にいったと思うんですけど、僕が気になるのは守備なんですよ。

 

田尾 うん。

 

高木 よく飛び付くんですよ。

 

田尾 はい。

 

6回表のソトが二遊間に強めのゴロを打ちショート西浦が飛び付いて捕ってアウトにする映像が流れる

 

高木 今日でも飛び付いて捕っていて、ちょっと手が余っているんですよね。(※飛び付いた時に腕を伸ばしきって、いっぱいいっぱいのプレーではなくて腕が少し曲がっている状態)

 

田尾 はい。

 

高木 余っていて、これファインプレーに一応は見えるんです。これよく見てください。(※映像を見ながら話しています)

 

田尾 はい。

 

高木 僕は若い選手には絶対に飛び付くなと言うんですよ。

 

田尾 なるほど。

 

高木 何故かと言うと、飛び付くと守備範囲が限界になるんですよね。

 

7回表1アウト2塁で柴田の打球が二遊間に転がるが西浦は腕に余裕があるのに飛び付いて捕ろうとするが打球がセンターに抜けてしまう

 

高木 これでも飛び付かないで、膝とスタートさえ良ければ追い付くと思うんです。

 

田尾 はい。

 

高木 田尾さんはどう思いますか?

 

田尾 そう言われたらそうですね。なるほどと思って聞いていました。

 

高木 あ、そうですか。ありがとうございます。

 

田尾 やっぱり、宮本コーチが西浦にかなり厳しいんですよね。彼にはこんなもんで終わってほしくないというね。

 

高木 はい。

 

 

田尾 僕が一番大事だと思うのは、次に起きることをどれだけ考えているかだと思うんです。

 

高木 なるほど。

 

田尾 こうなったらこうしようというのを宮本コーチは彼に要求していると思いますね。

 

高木 なるほどね。キャッチャーだと全てのプレーが丸見えじゃないですか。

 

里崎 はい。

 

高木 飛んでいく方向だとか、スタートだとか。

 

里崎 はい。

 

高木 西浦の守備で今のを飛び付くのはどう思います?

 

里崎 今、言われてよくよく考えてみたら、今までキャッチャーしていて一番上手いショートは小坂誠(元ロッテ)さんだと思うんですよ。

 

高木 うん。

 

里崎 それで、考えた時に、そう言えば飛び付かないなと思いました。

 

高木 うん。

 

里崎 センター前に抜けると思っても、飛び付かないで普通に捕って簡単なように見せてアウトにしているのを思い出したんで、そう考えると今の豊さんの説明はすごくしっくりきますね。

 

高木 なるほどね。だから、素晴らしい能力は持っているんですよ。

 

アナ はい。

 

高木 飛び付くと限界を作っちゃうんで、もっと限界を広げるために、今はとにかくスタートと膝を使って捕りにいく。まあ、センター方向って難しいんですよ。何故かと言うと、足が邪魔になるから。

 

アナ 足が邪魔?

 

高木 二遊間の当たりはファーストに送球の時は角度的にでは手が後ろにあって足が前にあるでしょ。

 

アナ あー、はい。

 

高木 だから、難しいんですけど、出来るだけ頑張ってほしいと思います。

 

 

一旦、この話は終わり、この日一番のファインプレーを紹介するコーナー『PLAY OF THE DAY』でソトの二遊間ゴロをアウトにした西浦のプレーが選ばれる

 

高木 これは誰が選んだの?

 

アナ 豊さんですよね(笑)

 

高木 そうか(笑) まあ、花向けに選びました(笑)

 

アナ ハハハ(笑)

 

高木 それと、僕はあそこからワンバウンドで投げるのが嫌いなんですよ。

 

田尾 あっ、嫌いなのね。

 

高木 嫌い。

 

里崎 でも、プレーオブザデーなんですね。ツンデレですね。

 

高木 いやいやいや、取り敢えず花向けに。

 

里崎 花向けってなんですか?どこに向かうんですか?(笑)

 

高木 いや、これからも頑張ってくれるだろうという。

 

里崎 あー。

 

高木 いや、ワンバウンドって、年を取ってからでも、いつでも投げられるんですよ。

 

田尾 はいはい。

 

里崎 これは飛び付いてもダメだったし、ワンバウンドもダメだけど、でも、プレーオブザデー。

 

高木 取り敢えず選んだ。まあ、上から言わせてとらうと、プレーオブザデーをあげたという。

 

田尾 あー。

 

高木 だから、頑張れよというメッセージを込めて選びました。

 

田尾 僕はディレクターが選んだのかと思った。あれだけケチをつけてたからね。

 

高木 ダメ?

 

田尾 まあ、いいですよ。

 

一同 ハハハ(笑)

 

 

以上です。

あれだけケチつけといて選ぶんですからね。でも、ショートで腕を伸ばしきらずに飛び付いて捕るのは半人前だということが分かりました。この番組で内野の守備を細かく語れるのは高木豊ぐらいだと思います。

おすすめの記事