2020年10月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で先発し、6回途中無失点で今季初勝利を飾った中日ドラゴンズの清水達也のピッチングについて元横浜の平松政次と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



この日の清水の投球内容
5回2/3 100球 被安打3 奪三振6 四球4 失点0
今季初勝利も課題アリ!

 

アナ 中日が終盤に大量得点し、巨人に大勝しました。そして清水投手は今季初勝利となりました。

 

岩本 はい。平松さん、今日の中日の先発の清水はいかがでしたか?

 

平松 うん。フォークとかカーブは面白いものを持ってますね。

 

岩本 はい。

 

平松 それとピッチングフォーム的に、上げた足が着地してからボールを放すタイミングが遅いんでバッターは非常にタイミングが取りづらいという良さがあるんだけど。

 

岩本 うんうん。

 

平松 だけど、コントロールだよね。コントロールはボールに聞いてくれって感じなので、コントロールを直さないと、安心したピッチングはできないと思いますよ。

 

岩本 まあ、荒れ球が幸いして相手打者が絞り切れずに抑えていける試合というのはそんなにたくさんないですからね。

 

平松 ないです、ないです。今日なんかも初回から危なかったもんね。

 

岩本 そうですよね。

 

平松 イニングを追うごとに危なかったんだけど、やっぱりコントロールが良くなると、このピッチャーは面白いと思うよ。

 

岩本 課題はコントロール。明確ですね。

 

 

以上です。

課題はコントロール。
おすすめの記事