2020年11月22日にフジテレビで放送された『S-PARK』で福岡ソフトバンクホークスvs.読売ジャイアンツの日本シリーズ連敗スタートの読売ジャイアンツの逆襲のキーマンについて五十嵐亮太と立浪和義がフジテレビアナウンサーと共に語っています。

 



アナ 日本シリーズ第2戦も敗れた巨人。五十嵐さん、今後の巨人のキープレイヤーはズバリ誰になりますか?

 

五十嵐 難しいですが、やっぱり大城選手がキーになってくるのかなと思っています。

 

アナ ホークスを前にちょっとリードで苦しんでいるでしょうか?

 

五十嵐 そうですね。第1戦で点を取られて、第2戦でどうにか改善してくるのかなというのがあったんですけど、なかなか難しいですよね。

 

アナ そうですよね。2試合を終えて18失点ということになりましたしね。

 

五十嵐 けっこう厳しくインコースを突いたりしてるんですけど、なかなかソフトバンクの選手が厳しいコースに手を出さなかったりとか。

 

アナ あぁ。

 

五十嵐 それでちょっと入れにいったコースを打ち返すというのが多かったので。うーん。難しいかなと見ていて思いますね。

 

アナ ひとつキーを握ってる選手ではありますよね。立浪さん、インコースへの意識付けというのは絶対に必要ですよね?

 

立浪 えぇ。大城捕手もとにかくインコースを攻めようという意図はスゴく伝わるんですよ。

 

アナ はい。

 

立浪 ただ、バッティングカウントでインサイドを要求したときに、どうしてもピッチャーからすると厳しく投げるか、もしくはどうしてもストライクが欲しいから中に入るんですよね。そこで結果的に第1戦の栗原選手の先制ホームランもそうでしたし。

 

アナ あのホームランは2ボールからでしたね。

 

立浪 はい。今日(第2戦)の初回の柳田選手のタイムリー2ベースも2ボール1ストライクからでしたかね。

 

アナ そうでしたね。

 

立浪 あれもインサイドに構えたボールが中に入って長打を打たれたんですよね。だからその辺をより慎重に考えて、インサイドの使い方が今後のキーになってくるのかなと思いますね。

 

アナ あとは巨人のクリーンアップにも期待したいですよね。

 

立浪 そうですね。岡本選手の一発であったりが欲しいですよね。

 

以上です。

大城のインサイドの使ったリードに注目。
おすすめの記事