2019530日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦でお粗末な守備で決勝点を取られたオリックスバファローズについて楽天で監督をしていたデーブ大久保と元巨人の松本匡司がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



シーン

82アウトからヒットで出塁したグラシアル。バッターデスパイネの場面で2塁に盗塁す。キャッチャーは送球するがその際にベースには誰も入っていなかった。その後デスパイネはタイムリーヒットを打ち得点。この1点が決勝点となりオリックスは負けてしまった。

 

 

松本とデーブが語る

稲村 オリックスなんですが、今日も守備にミスが出てしまいましたね。

 

大久保 これグラシアルの盗塁の時にセカンドがベースに入れないというのは、松本さん、これはありですか?

 

松本 まあ一応、2アウトでセカンド(小島)とショート(大城)が下がって守備をしているんですよね。

 

大久保 はい。

 

松本 ただ、ショートとセカンドのどっちがベースに入るかは決めていると思うんですけど、やっぱりデスパイネの強い打球を警戒すると、どうしてもベースに入るのが一瞬遅れるんですよね。

 

大久保 うーん。

 

松本 でも、今日のは全くベースに入れてませんよね。

 

大久保 そうですね。僕これを正直に言わせてもらうと、これは1軍の選手がこんな事やってんじゃねーよっていうレベルの話なんです。

 

稲村 はい。

 

大久保 高いお金を貰って入団してるのに、盗塁でセカンドが入れないなんてのは考えられないです。

 

稲村 はい。

 

大久保 だからオリックスって負けるんです。そういうところを徹底しないといけない。いいチームなのに今日も勝てそうだったのに結局あれから失点して負けるんでしょ。

 

稲村 はい。

 

大久保 もったいないです。もう一回選手個々が1軍はこういうもんだと考えてやんないとファンにも失礼です。本当にしっかりやってください。あんなプレーはみっともない。

 

 

以上です。

デーブがやけに厳しい口調でした。
おすすめの記事