2018年10月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で先発した千葉ロッテマリーンズの大隣憲司。古巣のソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで行われた引退試合について元横浜の野村弘樹、元巨人の松本匡史、元横浜の斎藤明雄がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 この試合はマリーンズの大隣憲司の引退試合ということで、試合後にはマリーンズとホークスの選手が一緒になって胴上げというシーンがありました。

 

野村 そうですね。両軍で大隣選手を胴上げして終わったんですけど、松本さん、色んな思いがあるでしょうけど、幸せな男にも見えましたよね。

 

松本 いやぁ、もう幸せじゃないですかね。こうやって華々しく引退を祝ってくれるというのはね。本当に両チームでやってくれるというのは最高の幸せだと思いますよ。

 

野村 そうですね。明雄さんはどうですか?

 

斎藤 これは井口監督の粋な計らいですね。ソフトバンク戦で、ヤフオクドームでこの大隣を投げさせるというのはさすが井口監督は考えているなと。

 

野村 うん。

 

斎藤 両軍の選手にマウンドで胴上げされるのは嬉しいと思いますよ。

 

野村 そうですね。まあ、大隣選手は自身の引退は寂しいとは思いますけど、両軍の選手に胴上げしてもらって、こんな幸せなことはないですよね。次のステップに進んでほしいですね。

 

稲村 はい。

 

 

大隣憲司 33歳

2007年から2017年にソフトバンク 2018年にロッテ

通算141試合52勝50敗(完投16、完封8) 防御率3.36

2006年ソフトバンクに大学・社会人ドラフトの希望枠で入団

2017年オフに戦力外 2018年にロッテ入り

 

 

以上です。

難病を乗り越えて日本シリーズでも投げて本当に立派な選手です。

おすすめの記事