2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で福岡ソフトバンクホークスのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位甲斐野央投手東洋大
2位杉山一樹投手三菱重工広島
3位野村大樹内・捕早稲田実業高
4位板東湧梧投手JR東日本
5位水谷瞬外野手石見智翠館高
6位泉圭輔投手金沢星稜大
7位奥村政稔投手三菱日立パワー

 

アナ 福岡ソフトバンクホークスのドラフトのポイント、小関さんはどう見ていますか?

 

小関 やっぱり野手でいったんですけど、ダメでピッチャーも後ろの方がいないので甲斐野を持ってきて、杉山も獲れたのでこれも悪くないですよね。

 

アナ はい。西尾さんは2位の杉山の指名で大きく頷いていましたね。

 

西尾 そうですね。正直、まだ実績がないんで、そういう選手が上位の方で指名があるのかなというのがあったんですけど、本当に2位できたというのはちょっと安心したというのが個人的にはありますね。

 

アナ なるほど。

 

西尾 1位と2位のピッチャーは本当にスケールの大きなピッチャーですね。

 

アナ はい。

 

西尾 それであとは右バッターですかね。

 

アナ 野村大樹を3位で指名してというような福岡ソフトバンクホークスのドラフトでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

あまり深くは語ってくれませんでしたが上位の2人の評価は良いようです。

おすすめの記事