2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で埼玉西武ライオンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位松本航空投手日本体育大
2位渡邊勇太朗投手浦和学院高
3位山野辺翔内野手三菱自自動車岡崎
4位粟津凱士投手東日本国際大
5位牧野翔矢捕手遊学館高
6位森脇亮介投手セガサミー
7位佐藤龍世内野手富士大

 

アナ 12球団のうち埼玉西武ライオンズのみが日体大、大学生投手の松本の一本釣りに成功しました。それで浦和学院の渡邊が2位で獲れたり、なんなら1位で獲るところもあるんじゃないかという見立てもあった中でのドラフト指名でしたが、小関さんは西武のこのドラフトはどう見ますか?

 

小関 やっぱり、1位と2位がしっかりしているで非常にいい指名をしたと思いますね。

 

アナ はい。西尾さんは西武についてはどうでしょうか?

 

西尾 そうですね。1位と2位もそうですし、6位の森脇選手なんかは即戦力に近いので、西武はまずピッチャーが一番のテーマであると辻監督も仰っていましたけど。

 

アナ そうですよねぇ。

 

西尾 そこはスゴく分かりやすかったですよね。あとは3位の山野辺選手はセカンドなんで、まだ分からないですけど浅村選手がFAで出て行ってしまったときのためのっていうのが分かりやすいですよね。

 

アナ うん。

 

西尾 そして最後に富士大学の選手を指名るするという(笑)

 

アナ はい。

 

小関 フフフ(笑) 筋が通っていますよね(笑)

 

アナ 筋が通っている。

 

小関 はい(笑)

 

その他のチームの評価

 

以上です。

色々とあったので投手中心になったということで悪いという評価もなく無難な感じなんでしょう。

おすすめの記事