2018年12月8日に日本テレビの「Going! Sports&News」で千葉ロッテマリーンズのドラフト1位の藤原恭大について赤星憲広がどこまでやれるのかを番組MCの上田晋也と共に語っています。

 



上田 赤星さん、高卒野手で1年目から活躍というのはなかなかハードルが高いと思いますけど、藤原選手はどうですか?

 

赤星 僕は開幕1軍あると思いますね。

 

上田 そうですか!

 

赤星 そう感じさせたのが夏の甲子園の浦和学院戦でホームランのシーンです。インコースの厳しいボールをホームランにしたんですけど、普通なら詰まるボールなんですよ。

 

上田 はい。

 

赤星 彼はやっぱりインコースを打つ技術が高いので、プロに入って何が一番苦労するかと言ったらインコースの速いボールと変化球なんです。

 

上田 ほー。

 

赤星 でもそこをなんとか対応できるスイングを僕はしていると思いますから。もう守備と走塁に関しては1軍レベルにあるんじゃないかなと僕は思っています。

 

上田 あっ、そうですか。

 

赤星 やっぱり打つことさえなんとかなれば開幕1軍もあり得るんじゃないかと思いますけどね。

 

上田 あのインコースの球をまたファウルにしないっていうのもスゴいですよね。

 

赤星 はい。やっぱりインコース打ちの技術が高いんです。

 

上田 ほー。

 

赤星 だから、木のバットでも対応できると僕は思ってます。

 

上田 もし開幕1軍で試合に出ると、どれくらいの数字を残せますかね?

 

赤星 まあ、どうですかね。最初はそんなに簡単にはいかないと思いますし。

 

上田 うん。

 

赤星 盗塁だけでも30盗塁ぐらいは本人もしたいと言ってますから1年間出れば、それぐらいの数字は出るんじゃないかと思うので、まあ2割7分ぐらい打てれば十分じゃないですかね。

 

上田 こういう選手を目指せばいいんじゃないかという過去のお手本となるような選手はいますか?

 

赤星 ソフトバンクにいる上林選手がタイプ的には近いのかなという気がしますね。まあ、もっと高いレベルを目指すというのもあれなんですけど三拍子揃ってますから非常に楽しみですね。

 

上田 今年のドラフトは高校生が豊作でしたから他の選手も頑張ってほしいですね。

 

赤星 はい。

 

 

以上です。

30盗塁はさすがに厳しくないですかね。

おすすめの記事