2018年9月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で負けてしまい6ゲーム差となった北海道日本ハムファイターズの今後の優勝争いに必要なことについて元横浜の高木豊、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の斎藤明雄がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 日本ハムはライオンズに負けてしまいましたが。

 

高木 明雄さん、日本ハム打線の6番です。

 

斎藤 うん。

 

高木 何かライオンズの打線を見ていると、非常に下位打線が充実していると思うんですよね。

 

斎藤 活発ですよね。

 

高木 それで今日の日本ハムの6番は浅間なんですよ。

 

1番2番3番4番5番6番7番8番9番
西川大田近藤中田レアード浅間渡邊清水中島

 

 

斎藤 はい。

 

高木 何かちょっとひ弱な印象があるんですよね。

 

斎藤 まあ、タイプ的に6番じゃなくて1番か2番なので、ちょっと弱々しく見えるのかなというのがありますよね。

 

高木 うん。

 

斎藤 だから、5番のレアード以下がちょっと西武とソフトバンクのオーダーに比べると弱いかなと感じますよね。

 

高木 そうですよね。レアードはちょっと波がある選手なんですよね。

 

斎藤 うん。

 

高木 だから、6番が重要になってくると思うんですけども、誰がいいと思います?例えば清宮がいてアルシアがいるし浅間と渡邉もいます。

 

斎藤 うん。まあ、先を見据えてやるんだったら清宮を思いきって起用した方がいいんじゃないかと。

 

高木 なるほど。

 

斎藤 相手のピッチャーもちょっと怖いと思うんですけどね。

 

高木 うーん。

 

斎藤 まあ、三振も多いと思うんですけど、当たれば飛ぶというのがあるので、ピッチャーからするとイヤだと思うんですけどね。

 

高木 なるほどね。デーブさんは6番誰がいいですか?

 

大久保 僕は清宮がいいと思うんですよね。

 

高木 うん。

 

大久保 キャッチャーも大野がいなくなって、これだけ思いきって若い子を当たり前のようにレギュラーで使えるチームだから、清宮も使ってほしいなと思いますよね。

 

高木 うん。もう清宮を起爆剤にして我慢するというね。

 

アナ いいですよね。

 

高木 まあ、選手の層もちょっと薄いんですけど、頑張ってほしいと思います。

 

 

以上です。

思いきって清宮を使いましょう。

おすすめの記事