2020717日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で2試合連発となるホームランを放ったオリックスバファローズの太田椋のバッティングについて元横浜の野村弘樹と元中日の井端弘和がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の太田の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 ファーストファウルフライ
3打席目 フォアボール
4打席目 デッドボール

 

アナ オリックスはソフトバンクに敗れましたが、2年目の太田椋選手が2試合連発となるホームランを打ちました。

 

野村 井端さん、このバッティングはいかがでしょうか?

 

井端 そうですね。何て言うんですかね、体の柔らかさと言うか、しなやかさもありますよね。今後もっとスゴい選手になるんじゃないかと思いますよね。

 

野村 僕はタイプ的にホームランバッターなのかなとちょっと思ったんですけども。

 

井端 そんなに体が大きくもなく、線も細めなので、山田哲人選手のようなタイプなのかなと思いますよね。

 

野村 なるほど。

 

井端 なので、ホームランも打てますし、打率も残せるバッターになると思いますので、非常に将来楽しみですよね。

 

野村 気持ちのいいホームランでしたよね。

 

井端 そうですね。

 

 

以上です。

山田哲人のようなタイプみたいです。
おすすめの記事