2019年3月16日にテレビ東京で放送された『スポーツウォッチャー』で中畑清が東京ヤクルトスワローズの今後の課題について番組MCのビビる大木と共に語っています。

 



この日の巨人とのオープン戦で村上は巨人の田原から緩い変化球をホームランにしたもののその後の打席では高めを空振りするシーンがありました。

 

中畑 村上は変化球とか遅いボールにはスゴくいいんだけど、見て分かるように高めのボールに対してスイング軌道がアッパースイングで対応しようとして必ずヘッドが下がるんだよね。

 

高めに対してヘッドが下がっている状態

 

中畑 こういう形で振っている間は絶対に当たらないよ。何が要求されるかと言ったら、高めのボールに対してバットを縦振りする。高めのボールに対して最短距離にヘッドが立ったまま振り抜くイメージ。

 

ヘッドが目の前を通るような軌道

 

中畑 これを縦振りって言うんだけど、これを大体の野球選手はみんな学んでいくわけよ。

 

大木 はい。

 

中畑 彼はこれにトライしてくれないと、今後はレギュラーを獲れないと思うんだよね。

 

大木 そうですか。

 

中畑 中畑さんはこれをマスターして一流選手になりました(笑)

 

大木 ハハハ(笑)

 

その翌日にSBのアンダースロー高橋からインハイをホームランにしました。

その映像を見て

 

中畑 昨日に縦振りの話をしたんだけど、それを聞いてたのかな。その片鱗を感じるんだよね。やっぱり俺のアドバイスって大事だな。

 

大木 見てたんでしょうね。

 

中畑 うん(笑)

 

 

他の記事でも縦振りについて色々とあります

以前もキヨシは言及しています

新井さんも言及

柳田も縦振りを意識しています

 

 

以上です。

やはり縦振りは重要ですね。

おすすめの記事