2021年4月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.広島カープ戦で初勝利となった横浜DeNAベイスターズについて元横浜の高木豊、元南海阪神の江本孟紀、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



先発阪口について

この日の阪口の投球内容
5回112球 被安打3 奪三振3 四球3 失点0
4年目でプロ初勝利!

 

アナ 豊さん、この試合のポイントはどこになるでしょうか?

 

高木 まあ、牧は(ヒーローインタビュー)で噛み過ぎでしたね。

 

アナ 大事なところでしたけどね(笑)

 

高木 まず先発の阪口が本当に気持ちを持って粘り強く投げましたね。それと広島打線は初対戦でちょっと絞りづらさがあったのかなという感じを受けました。

 

岩本 うんうん。

 

 

先制HR&美技の神里について

この日の神里の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ
2打席目 ライトホームラン(打点1)
3打席目 見逃し三振
4打席目 セカンドゴロ
先制ホームランに超ファインプレー

 

高木 ただ、その中でやっぱり神里の先制ホームランがスゴかったし、あとは4回表のセンターフライをダイビングキャッチした。

 

岩本 素晴らしかったですね。

 

高木 まずは先制ホームランなんですけど、広島の先発野村が低めに丁寧に投げていたところを唯一浮いてきた球を逃さなかったというところ。

 

岩本 はい。

 

高木 それと3回裏に先制して、直後の4回表の先頭鈴木のセンターへの飛球をダイビングキャッチした場面。ここ先頭だったんで抜けていたら2塁打か3塁打になっている当たりを捕ってくれたのは非常に大きかったですね。

 

岩本 先制点を取った直後だけに大きい場面でしたね。

 

 

タイムリー&猛打賞の牧について

この日の牧の打撃内容
1打席目 サード内野安打
2打席目 レフトフライ
3打席目 レフト前ヒット
4打席目 ライト前ヒット
率.405 本1 点10(4/4の試合終了時点)
打率リーグ3位タイ 打点リーグトップ

 

岩本 豊さん、もう一つぐらい熱視線をいただけないですか。

 

高木 もう一つは牧ですね。

 

岩本 はい。

 

高木 宮本がフォアボールを選んで、いきなり盗塁するんですよね。ノーアウトランナーセカンドで続く神里が送れずにポンポンと2アウトまでいって、ここで1点取れなかった流れ的に広島が勝ってたと思うんですよ。

 

岩本 ほぉー。

 

高木 それを食い止めた牧のタイムリーは素晴らしかったですね。

 

岩本 なるほど。江本さん、思い切りのいい噛み噛みの牧ですけども。

 

江本 うーん。まあでもね、それは興奮してるからしょうがないよ。

 

岩本 そうですね(笑)

 

高木 ハハハ(笑)

 

江本 私なんてしょっちゅう噛んでました。

 

岩本 そうですか(笑) 牧のバッティングはいかがですか?

 

江本 やっぱりなかなか鋭いバッティング。それと周りに宮崎とかいいバッターがいるじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

江本 それはやっぱりいい刺激になると思いますね。

 

岩本 先輩に便乗させてもらっていて、そこでヒーローになれたと。

 

江本 そうそう。

 

岩本 本人もそれを感じてるみたいですね。

 

江本 うん。だからそういうのがチームには大事なんだよ。お互いに刺激し合ってね。

 

 

今季初勝利のDeNAについて

岩本 そして豊さん、ようやく今季初勝利でした。三浦監督の喜んでいる表情が印象的でした。

 

高木 やっぱりツラかったと思いますねぇ。チームも1人1人が責任を感じて、出てくるピッチャー出てくるピッチャーがピンチを背負うんですけど、それは勝てないプレッシャーから来るもので、本当の実力が出せてない面もあったんですよね。

 

岩本 うーん。

 

高木 だからこれからベイスターズのいい所がドンドン出てくるような感じがしますね。

 

 

以上です。

今後に期待。
おすすめの記事