2018年7月27日にBS朝日で放送された「スポーツクロス」で横浜高校野球部前監督の渡辺元智が教え子で平成の怪物として脚光を浴びる前の1年生と2年生の頃の松坂大輔について古田敦也とテレビ朝日アナウンサーの徳永有美と共に語っています。

 



渡辺 松坂は中学校時代から素晴らしい才能を持っていましたけど、球は速いけどコントロールが安定しない。フォアボールが多くてですね。

 

徳永 はい。

 

渡辺 今でもそうですけど、高校野球はフォアボールが命取りになりますからね。だから、彼が1年生の時(1996年)にはベンチ要員にもなれずに3塁側のアルプススタンドで見ていたんですよ。ベンチの中にいませんでした。

 

古田 うーん。

 

渡辺 それが終わって、秋の大会に向かって行く段階でピッチャーがいないもんですからね。チームには小倉清一郎というコーチがいましてね。私と二人で鍛えてみようということで、小倉が相当ノックして、ブルペンには私がいて、二人でしごきっぱなしですよ。

 

古田 フフフ(笑)

 

渡辺 毎日、毎日なんだよね。小倉と二人で付きっきりで松坂を鍛え上げたんですね。

 

徳永 すごい・・・(笑)

 

渡辺 松坂はその厳しい練習についてきたんですね。練習では絶対にへこたれない。

 

徳永 そういう時代が横浜高校の1年生の時代にあったんですねぇ。

 

古田 そうですねぇ。いやぁ、ちょっと意外ですね。僕らの感覚で思っていたのは松坂って、天才気質というのがあるんですね。

 

徳永 はい。

 

古田 もちろんトレーニングをしているというは分かっているんですけど、かなり厳しくやっていたんですね。

 

徳永 そうなんですね。

 

古田 ちょっとスパルタ気味に無理矢理(笑)

 

徳永 そうですね(笑)

 

渡辺 フッフフ(笑)

 

 

以上です。

小倉コーチとかも松坂の話題でたまに出ますね。相当鍛えられていたからあんなに細かったんでしょうか。フィールディングが上手いのはこの時に鍛えられた成果でしょうね。

おすすめの記事