西武打順組み替えとHRが出ない山川についてデーブと高木豊が語る 2018年9月4日

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2018年9月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で打順組み替えが功を奏して勝利した埼玉西武ライオンズについて、そして10試合ホームランを打てていない山川穂高について元横浜の高木豊と楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの松元真一郎と共に語っています。

アナ 外崎が抹消されたとはいえ、西武のオーダーが気になるんですよね。

大久保 はい。

1番2番3番4番5番6番7番8番9番
金子秋山浅村山川中村メヒア木村源田

大久保 辻監督がやっぱりもともと常勝軍団の西武であり、そして色んなチームでコーチをやられて。

アナ はい。

大久保 それで、まだまだ勝負は先だと、そういう読みをしたんだと思うんですね。

アナ はい。

大久保 源田は左ピッチャーに分が悪いので、その源田と秋山を入れ替えるのは以前にもあったんです。

アナ はい。

大久保 それよりも金子ってスイッチヒッターなんですけど、右打席の方が一発があって、相手からしたらものすごくイヤなバッターなんですね。

アナ はい。

大久保 僕の楽天時代も、とにかく一発打たれてイヤな場面で金子なら左打席に立たせるために右ピッチャーを投げさせたんですね。

アナ そうなんですか。

大久保 だから、源田を9番で楽なところに置いといてあげて、この金子を1番に持ってきて金子は一発もある右バッターだから左ピッチャーの時にはイヤなバッターになるので。

アナ うん。

大久保 今は勝負じゃないよということで、この先もあるので、この新しいパーツを持っておくと、チームも楽だし、相手も嫌がるというためのオーダーを組んだんだなと。

アナ はい。

大久保 しかも、コーチがしっかりと選手に伝えて、我々にはこういう打線もあるよと。

アナ うん。

大久保 そう伝えているから、選手たちも慌てずに今日のゲームに臨めて、みんなが自分じゃなくて周りを見て何をするかというのを決められていいゲームができたんじゃないかなと思いますけどね。

アナ 2位以下はゲーム差が縮まってきて、慌てての今日のオーダーというわけではないんですね。

大久保 じゃないですね。ソフトバンクとの試合もまだまだありますけど、目の前の試合を1つ1つ勝っていけば我々は優勝できるというところまで選手も自信を持っていると思います。

アナ なるほどね。

ここから高木豊とデーブで山川について

 

【この日の山川の打撃内容】

右飛 中2 空三振 三邪飛 三邪飛

高木 デーブさん、ちょっと山川が8月22日以来、10試合ホームランがないという。まあ、ホームランバッターじゃないですか。

大久保 はい。

高木 だから、何となく調子が悪く感じてしまうんですけど、デーブさんは山川を見ていてどうですか?

大久保 僕は中村を最初預かったときに、ホームランが出ないで悩んでいたんですけど、たまたま僕がプロに入ったときに日本ハムのOBの方にホームラン出ないんですよねって相談したら、「体調が悪いと思え」と。

高木 うん。

大久保 ホームランバッターは必ずホームラン出るんだからと。そう言われてから、自分もそう思ったら出るようになったし、おかわり中村にもそれを伝えたら中村も楽になったし。だから、山川にとって大事なことは調子が悪いとか、打球が上がんないじゃなくて、体調が悪いんだっていうぐらいの気でいったらいいと。いつでもホームラン打つ角度は持っているじゃないですか。

高木 うん。

大久保 確かに打線のキーにはなってくると思うんですけど、やっぱりコンディションの維持。レギュラーでこれだけ出続けるのも初めてですもんね。

高木 山川が打つと華やかだしね。

大久保 そうですね。

高木 だから、早くホームランを見たいと思いますけどね。

以上です。

山川はいつ打ち出すかですね。