2021年4月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で先発し、ルーキー完投一番乗りとなる2勝目を飾った阪神タイガースの伊藤将司について楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



伊藤のヒーローインタビューの一部

伊藤 あんなに援護点があると自分のピッチングも楽に投げれるので、今日は本当に助かりました。今日チーム3連敗を止める事ができて、チームに貢献できて良かったです。

 

 

伊藤を語る

この日の伊藤の投球内容
9回124球 被安打7 奪三振5 四球1 失点1
今季2勝0敗 防御率1.71(4/24の試合終了時点)
ルーキー1番乗りの完投勝利!

 

井森 阪神がDeNAに快勝しましたね、デーブさん。

 

大久保 連敗してたんですけど、ここで初回から猛攻で勝つというのはやっぱり今年は強いなって思いますね。

 

井森 はい。そして先発したルーキーの伊藤投手はルーキー1番乗りとなる完投勝利となる、この内容はいかがですか?

 

大久保 そうですね。まずこの投手は色んなボールを投げられるという特徴があります。

 

この日の投球割合
ストレート   38%
カットボール  26%
ツーシーム   19%
チェンジアップ 11%
カーブ     6%

 

大久保 スピードボールではないんですよね。僕が一番思うポイントはキャッチャーの梅野が真ん中に構えてる事なんです。伊藤ぐらいのスピードだと怖いんですけどね。

 

井森 はい。

 

大久保 キャッチャーの指示でよくあるのが「置きにいくな 腕を振れ」ってのがあるんですね。これバッター側からすると、めちゃくちゃ中途半端な指示でありがたいんでよ。

 

井森 うんうん。

 

大久保 ピッチャーはそういう指示されてる時ってのは訳分からなくなってる状態が多いんですけど、今日見ていると伊藤は置きにいってるんですよ。

 

井森 はい。

 

大久保 梅野がそういう「ここでいいぞ」っていうリードをしたんで、バッターもタイミングがズレるような。

 

井森 はい。

 

大久保 だから梅野は上手なリードをするなあという感覚で見ましたね。伊藤のピッチングを引き出したのは梅野ですね。

 

井森 なるほど。梅野選手は投打に大活躍ですね。

 

大久保 本当に大切な選手です。

 

 

以上です。

リードが冴えた梅野とそれに応える伊藤。
おすすめの記事