2018年4月4日に毎日放送で放送された「戦え!スポーツ内閣」という番組で2018年のMLBアナハイムエンジェルスの『大谷翔平は本当に大丈夫なのか』をテーマに元巨人の元木大介、元日ハムの建山義紀、元阪神の狩野恵輔がタレントの武井壮とお笑い芸人のブラマヨ小杉と共に語っています。この日の大谷はバッターとして初ホームランを打ち二刀流も可能ではないかという世間の空気になっていましたがガチで話しております。

 



【大丈夫か心配かを問われて狩野は大丈夫、元木と建山が心配という札を上げる】

小杉 あらら。1人が大丈夫で2人が心配・・・。メジャーで投げられていた建山さんは心配ですか?

 

建山 そうですね。性格が心配性なもんで。まあ、活躍すると思います。2桁も勝つと思いますし打つと思うんですけども。まあ、公式戦に入って左ピッチャーのツーシーム、シュート系を投げるピッチャーとまだ対戦をしていないので打ち出すとガンガンインコースに来るんで。

 

武井 あーそうなんや。

 

建山 イチローさんもされたように死球の危険性もありますし。ましてや右投げのピッチャー、死球を気にし出すとバッティングもピッチングも崩れる可能性があるので。

 

武井 えぇぇ?

 

建山 これからメジャーの左ピッチャーの速いツーシームが心配ですね。

 

武井 まあ、そこを乗り越えてのことですよね。

 

建山 そういうことです。

 

小杉 建山さんはメジャーを経験されていますけど、二刀流はスケジュール的には大丈夫なんですか?

 

建山 日本と同じ期間でメジャーは20試合多いんで疲労度はかなり。特に9月になったら相当くると思いますね。

 

武井 移動も大変ですしね。

 

建山 はい。

 

小杉 元木さんも心配ですか。

 

元木 もう同じ感じですよね。やっぱりインサイドにバンバンくる。日本のピッチャーだと当てちゃいけないというのがあったんで。外国人はドンドン内角を攻めてくるし。あと、ピッチャーで行っている人が中4日で大変だと言ってるのをバッターもやらなきゃいけないし、そこは松井秀喜さんが「そこはかなり厳しいだろう」って言っていました。

 

小杉 あぁぁ、そうですか。うわー。

 

武井 ヤバいよー。

 

小杉 狩野さんは大丈夫の札ですけど。

 

狩野 僕はピッチャーとして大丈夫という意味です。

 

武井 なるほど。

 

狩野 どっちかを取ってそうしました。バッターの方はまだちょっと分からないですね。

 

武井 そうかあ。

 

元木 まあ、いいスタートは切ってくれましたね。

 

武井 最高のスタートです。みんな楽しみにしています。

 

 

以上です。

4月の第1号ホームランを打った直後の生放送なんですけど、まだこの時は少し懐疑的な感じがありますね。

おすすめの記事