2018年5月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs巨人戦で広島カープの會澤翼が巨人先発の山口から2打席連続死球を受ける。その次の3打席目に狙い撃ちをしてタイムリーを打った會澤の打席について元横浜の高木豊、元中日の立浪和義、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



 

【この日の會澤の打撃内容】

1打席目 死球

2打席目 死球→2打席連続で乱闘騒ぎ

3打席目 レフト2塁打(打点1)

4打席目 ショートゴロ

 

 

高木 両キャッチャーに目を向けてみると、會澤捕手に2打席連続で死球を当てているんですよね、立浪さんね。

 

立浪 はい。

 

高木 この当てたことによって、なんか會澤が3打席目で限定をして狙い球を絞りましたよね。

 

立浪 インサイドはないと踏み込んでね。

 

【2打席目の死球のシーンが流れる】

立浪 あ、これは死球のシーンですけど(笑)

 

高木 まあ、これは怒りますわね。

 

立浪 怒りますね。

 

高木 2打席連続の死球でね。それで、その後はインサイドを使えずに変化球を打つんですよね。

 

立浪 まあ、里崎さんぐらいだったら、もう1回インサイドに投げさせるかもしれないですけどね。

 

アナ ハハハ(笑)

 

里崎 僕だったら100%、もう1回インコースにいっていますよね。

 

高木 サインに首を振られたらどうする?

 

里崎 出しまくりますね、それは。

 

一同 (笑)

 

高木 譲らない?(笑)

 

里崎 譲らないですね。

 

高木 やっぱり、限定されるとリードにならないもんね。

 

里崎 そうですね。あとはやっぱり舐められたら終わりなんで相手が向かって来ても向かい返すぐらいでいかないといけないんで、僕だったらインコース要求を出し続けますね。ボール球でもいいんですよ。

 

高木 うん。

 

里崎 別にストライクにこなくても、膝元でも足元でもボールでもいいんで2回当てたけど、まだインコースにいきますよという意思表示がいるんで。それを全部アウトコースにいって抑えられるんならいいですけどね。

 

高木 それは早めに使う?

 

里崎 僕だったら初球にいきますね。

 

高木 おぉぉ。初球に当てていたらまた大変なことになっていたね。

 

里崎 別に、じゃあ僕に当ててくださいって感じですよ。

 

アナ ハハハ(笑)

 

高木 体が丈夫だもんね(笑)

 

里崎 はい。

 

 

以上です。

2打席連続で当てていたらインコースにいけないというのがピッチャーとキャッチャーの普通の心理ですけど、里崎ならそこを突いていくというのが里崎らしいですね。小林もその辺でもっと図太くならないといけませんけど怖いですよね。でも、インサイド要求してピッチャーが首を振ってたらバレバレなような気がしますね(笑)

おすすめの記事