2018年5月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島戦のある場面で読売ジャイアンツの8番バッター小林に打たせるか打たせないかで元横浜の高木豊、元中日の立浪和義、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【問題の場面】

3回表、巨人は2点リード

満塁でバッターは小林

次のバッターはピッチャー

カウントがノースリー

この場面で打たすか打たさないか

結果は打たずにフルカウントになり凡退となる

 

 

高木 バッターが小林。難しい場面だけど、2アウト満塁になりました。それで、カウントがノースリーになったんですよね、立浪さん。

 

立浪 まあ、四球で押し出しという選択肢もジャイアンツサイドにはありますよね。

 

高木 この場面を3人(高木、立浪、里崎)で見ていて、これ打たすか打たさないかっていう議論になったんですけど、どうですか?

 

立浪 自分はテレビで見ていて、それで小林は調子が良いですし、次のバッターがピッチャーですし、もし仮に四球でも1点で抑えられる可能性もありますから、打てばいいのになあと。

 

高木 ノースリーから打たせる?

 

立浪 はい。まあ、ノースリーから打つのは意外と力んでしまうんでね。

 

高木 勇気がいりますよね。

 

立浪 難しいんですけど、1番甘いボールはきやすいですよね。

 

高木 なるほどね。里崎さんはキャッチャーをやっていて、この場面でノースリーから振りにこられて仮にファウルになるとする。

 

里崎 はい。

 

高木 やっぱイヤだ?

 

里崎 やっぱりイヤですよね。今の小林は結果も残しているんで、もしそれでファウルになって3ボール1ストライクになっても次の2ストライク目では気を使いますよね。

 

高木 なるほどね。

 

里崎 だから、簡単にストライクにいき辛くなる可能性はありますよね。

 

高木 そうしたら、逆に四球になっていた可能性もあるということだね。

 

里崎 可能性はありますよね。

 

高木 やっぱり、この考え方、その1球を待つか待たないかでも野球を左右するという。

 

アナ 全然違うんですね。

 

高木 分かりましたか?

 

アナ 勉強になりました。

 

 

以上です。

テレビで見ている巨人ファンからしたら、打たせろやとなりますけど、色んな葛藤がベンチとか小林にありますから色々と難しいんですよね。私がファンなら打たせろと考えますけど。

おすすめの記事