2018年11月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で東京ヤクルトスワローズの宮本慎也ヘッドコーチと石井琢朗打撃コーチが出演し、来季のヤクルトのレギュラー争いについて元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信と共に語っています。

 



高木 今年のレギュラーシーズン終わっての秋季キャンプは成果ありましたか?

 

宮本 うーん。体力の部分ではスゴくついてきたと思います。

 

高木 それはどういう体力?

 

宮本 振る力であったり、練習する体力であったりとか。

 

高木 うん。

 

宮本 ただ、本当に今レギュラー陣を脅かすっていう若手がこの秋のキャンプでは、僕は正直出てきてないと思うんで、僕はこのオフに彼らがどう過ごすか、これは僕と石井コーチは口酸っぱく言いました。

 

高木 うーん。

 

宮本 秋のキャンプが始まりで、終わりじゃないよって。

 

高木 でも、自分が確立できたら自然とやるもんだもんね。作り上げた地位から落ちないために。

 

石井 もちろんです。そこからが僕は自主性だと思うんですよ。

 

高木 そうだね。

 

石井 ただ、僕らが練習でやってることっていうのは厳しいと言われるかもしれないですけど、恐らく最低限の練習だと思うんですよ。

 

高木 うん。

 

石井 それがある程度できるようになって、ある程度自分の地位を築いて、そこからが自主性だったらいいんですけど、そこの最低限の部分を省いて、聞こえのいい自主性ばっかりでやってしまうと、基礎という部分がしっかりできないんで。

 

高木 そうだよねぇ。谷繁さん、やっぱりオフになって若い選手が手から離れるわけじゃない。

 

谷繁 はい。

 

高木 選手を信じるしかないけど、やっぱり心配だったでしょ?

 

谷繁 まあ、そうですね。だから、あとは2月1日にどういう体で来るかという。その前にだいたい1月の合同自主トレで判断できるんですけど。

 

高木 うん。

 

谷繁 まあ僕の経験で言うと、名前を出したらアレですけど平田良介がオフの間にかなり太ってきた時期があったんですよね。

 

高木 うん。

 

谷繁 その時はもう1軍のキャンプじゃなくて、2軍のキャンプからスタートさせたりしましたから。

 

高木 ゴルフ場でも若手選手に会ったよね。

 

谷繁 会いましたっけ?(笑)

 

高木 もうその選手は飛んで逃げてたけど。

 

谷繁 ハハハ(笑) あー、ありましたね。

 

高木 左バッターのね(笑)

 

谷繁 はいはい(笑)

 

高木 背番号が3番だっけ?(笑)

 

谷繁 そう(笑)

 

 

以上です。

ヤクルトメインの話ですが、厳しさと自主性とかは他球団にも通じる話です。

おすすめの記事