2018年5月10日のvs巨人戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神谷川、巨人内海の先発で始まる。阪神は苦手の内海を相変わらず全く打てず試合は進む。阪神先発の谷川は3回裏に巨人の阿部慎之助に3ランを浴びる。阪神は6回表にようやく内海から江越と糸井のヒットでチャンスを作る。そこで巨人は宮國に継投をする。しかし、福留が2点タイムリーで食らいつく。阪神はその後にチャンスを作るがロサリオなどが打てずに沈黙。巨人は8回裏に1点のダメ押し点を取る。その得点で試合が決まり最終スコア2-4で阪神が負ける。日テレG+とMBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。

 



【金本監督の試合後のコメント】

―先発の谷川について

金本 一巡目は球も低め投げていてキレもあった。二巡目からは相手が慣れてきたのかな。ボール自体は悪くないけれどもね。阿部への一球もそこまで甘くない。もう1回どこかで投げるチャンスはあるだろう。

 

―不調のロサリオについて

金本 昨日からずっとロサリオで止まってしまっている。まあ、彼に聞いてみないと実際にどういう事が起きているのか分からないんだけども何とかしようという姿勢ではやってくれている。

 

―2点タイムリーの福留について

金本 さすが。集中力を出してくれたね。

 

―なかなか勝てない巨人戦について

金本 ここまでくると分が悪すぎる。何とかしないといけない。トータルとしては打てていない。

 

 

以上です。

巨人戦で負け過ぎでしょ。打てなさ過ぎて見ていて全然面白くなかった。点が入る気しない。ロサリオは早く目覚めろとしか言いようがないですね。上本の離脱がかなり痛いという感じですね。

おすすめの記事