201998日にTBSで放送された『S1』で野村克也がこの日の福岡ソフトバンクホークスvs.千葉ロッテマリーンズをぼやき解説しています。

 



試合前

この日、西武が一足早く勝利した為、敗れればゲーム差ゼロで並ばれてしまう首位のソフトバンク。

 

 

試合開始

ソフトバンクは1点先制するも2回表にレアードに逆転2ランを浴びる。

 

3回裏、柳田の同点タイムリー

野村 フッフ() よくこれで打つよ、本当に() 天才だね。俺が監督として彼が部下にいたら、他の選手には「真似をするな」と言う。ああいう打ち方は彼にしかできないんじゃない。

 

その後、試合は進み終盤までもつれ6-5でロッテが1点リード

 

7回裏 1アウト2塁でバッター川島が3ボール1ストライクのカウントでフルスイング

野村 何でこんな球を空振りするの?インコースの甘い球なのに。

 

―フルカウントになり、勝負の6球目にレフトに同点タイムリー

野村 空振りして「あぁ、しまった 力んだ」という反省があったと思うんだ。それで力を抜いて打てた。アウトローの難しい球だもんね。

 

―その時の川島のバットの握りについて

野村 普通は(右バッターはバットを)リードする左手をしっかり握るんだけど、彼は左手の人差し指を立ててるんだよ。これが気になる。右手の人差し指を立てるなら分かるよ。左手はしっかりと握らないといけない手なんだよ。色んな球種や色んなコースに対応しなきゃいけないんで。それで右手はボールが当たるときだけビシッと力を入れる。俺には理解できない打ち方だね。

 

試合はその後、ソフトバンクが連打で勝利。2位西武とのゲーム差は1のまま。

 

 

試合後

―パ・リーグの優勝争いは?

野村 断然、ソフトバンクが有利だ。数字では1ゲーム差だけど、負け数の差が3つあるからね。3ゲーム離れてるのと同じだから。

 

9/8時点の勝敗
SB  70勝54敗4分
西武  71勝57敗1分

 

―マラソンで例えると?

野村 ラストスパートのタイミングじゃないの。

 

 

以上です。

今のところソフトバンクの有利。
おすすめの記事