2018年7月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で9回2アウトから追い付かれてしまった読売ジャイアンツの中継ぎ事情について元横浜の平松政次、元近鉄西武の金村義明、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



アナ 巨人は連勝が続いた後に連敗が続いてしまっているんですよね。

 

平松 まあ、今日はメルセデスで本来は勝たないと。

 

アナ はい。

 

平松 メルセデスは8回までよく投げたんですよ。9回までいっても良かったんだけど、抑えにはマシソンがいるからマシソンを出したんだけど。結局、リリーフ陣の層が薄いんですよね。

 

【この日に投げた巨人のリリーフ陣】

9回マシソン 1回、被安打2、失点1

10回澤村 1回、被安打1、失点0

11回上原 1回、被安打2、失点1

 

 

アナ はい。

 

平松 真中さん、雄平に打たれた同点打のポテンヒットなんかはマシソンは力のあるボールを投げて詰まらせたんだけども。

 

真中 そうですね。今日はマシソンと上原が打たれたんですけど、勝ちゲームのピッチャーが頼りないんですよね。

 

平松 そうなんですよねぇ。

 

真中 今は澤村とマシソンが8回9回を投げたりしているんですけど、この二人頼りなんですよ。

 

平松 うん。

 

真中 今日は上原が打たれましたけど、上原であつたり、ベテランの野上であったり、吉川とかが中継ぎで待機していますけど、そのへんを頼りにしなくちゃいけないリリーフ陣の苦しさを今日は感じましたね。

 

平松 金村さん、そのへんの野上だとか、野上はこのところ中継ぎで投げていますけども、吉川にしてもあんまり信用されていないような気がするんだよね。

 

金村 そうですね。ただ、今日のゲームで言うと、マシソンが打たれた雄平の同点打はスライダーの高めでしょ。

 

平松 そうそう。

 

金村 これバッテリーを含めてこのリードは良かったのかというね。

 

平松 うん。

 

金村 ちょっと1塁も空いていたわけですし、次は畠山というところあって、もう少しゆとりのあるリードができなかったのかなという気がしますけどね。

 

平松 まあ、巨人とすればこういうゲームを勝たないとなかなか勝っていけないなあというゲームですね。

 

金村 そうですね。もったいないゲームですよね。

 

アナ 連敗はいつ誰が止めるんでしょうか。

 

平松 はい。

 

過去にもリリーフ陣の弱さを指摘されています

 

 

以上です。

もう勝ち寸前からの負けですから痛いですね。中継ぎが頼りないというのは何度もこの番組で言われています。

おすすめの記事