2018年9月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で埼玉西武ライオンズのクリーンナップ浅村栄人、山川穂高、栗山巧、そして中村剛也のソロホームランで勝利したことについて元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【決勝HRの中村剛也のヒーローインタビュー】

中村 今日、内野手がエラー3つしていましたんで、それで失点していますし、何とか打ちたいなと思っていたんで、打てて良かったですね。目の前の1試合を集中して、戦って勝てるように努力したいなと思います。

 

 

アナ ライオンズが延長戦を制しまして、今シーズン初の9連勝ということで、優勝マジックが6となりました。

 

野村 うん。やはりライオンズ打線ですよねぇ。3番4番5番のクリーンナップがソロホームランを3連発。そして中村剛也が延長戦にソロホームラン。3番4番5番6番がソロホームランで4点。豊さん、この中軸たちが健在ですね。

 

高木 もうたまんないですけど、俺が不安なのは、こうやってホームランでしか点が取れないときって、クライマックスシリーズになると、ホームランバッターって試合のリズムがいると思うんですよ。

 

アナ うん。

 

高木 だから、何か『これ大丈夫か?』みたいなね。

 

野村 逆にね。

 

高木 逆に今調子がいいから。

 

野村 なるほど。

 

高木 クライマックスシリーズの時期になったら大丈夫かっていうような不安がありますね。

 

野村 なるほど。谷繁さんはどう見ますかね?

 

谷繁 僕の印象ですけど。

 

野村 はい。

 

谷繁 ライオンズ打線は波が大きい選手が多いなというのがあるんですよ。豊さんが言われたように、今ちょっと状態が良すぎるですね。今はどの打者も踏み込みがものすごいんですよ。

 

野村 うーん。

 

谷繁 本当に。

 

野村 まあ、しっかり振れてますよね。

 

谷繁 本当に振るんですよ。ビックリするぐらい。だから、それがやっぱり心配ですね。

 

野村 まあ、とはいえ今は調子を落としとけ、とは言えないですよね。

 

高木 そうだね(笑)

 

高木 まあ、山川の明るさがいいよね。

 

野村 そうですね。

 

高木 それがチームを明るくしているというか。

 

野村 チームの雰囲気をフンワリするようなね。

 

谷繁 あれは愛嬌ですね。

 

高木 そうそう。愛嬌ね。でも、あの子が持っている明るさが重くなった雰囲気を変えてくれるかなという。

 

野村 なるほど。

 

高木 軽くしてくれるかなと思いますね。

 

野村 なるほど。

 

 

以上です。

今打てないよりは打てている方がいいと思いますが。

おすすめの記事