2019519日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦でプロ初登板、初先発で初勝利を飾った埼玉西武ライオンズのドラフト1位ルーキーの松本航の投球について元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの師岡正雄と共に語っています。

 



この日の松本の投球内容

580被安打4 奪三振1 四球2 失点2

今季10敗 防御率3.60(5/19の試合終了時点)

 

 

松本のヒーローインタビューの一部

―地元で初登板 初勝利

松本 せっかくもらったチャンスなんで、しっかりと初回から思い切っていくように、そういう気持ちで臨みました。

 

5回のピンチで粘った

松本 もう何も考えずにというか、本当に腕を振って自分のボールを投げることだけを意識しました。

 

―今後に向けて

松本 これからもチームの勝利に少しでも貢献できるように、必死に頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

 

平松の解説

アナ オリックスに勝利となりました平松さん、ライオンズの松本の投球はいかがでしたか?

 

平松 そんなに速いボールというのはないし、決め球でこれっていうのはないんだけど、みんなピンチに大体甘いボールを投げて打たれちゃうんだけども。

 

アナ はい。

 

平松 この松本というピッチャーはピンチになるとスゴく強い。

 

アナ ピンチで大城への投球では強いインコースの真っ直ぐが良かったですよね。

 

平松 これを打たれていたら勝ててないですからね。

 

アナ はい。

 

平松 そのピンチで追い込まれたケースで、これだけ厳しいボールをずっと投げ続けられたんですよ。これ6球か7球ぐらい厳しいボールを投げてましたからね。

 

アナ そうですね。そして松本投手は降板後に「思ったほど緊張しなかった」とコメントを残しました。

 

平松 はい。いやぁ、もっと緊張してください。

 

アナ はい()

 

平松 緊張しないといけません。

 

アナ もっと緊張してマウンドに上がれということですね。

 

平松 そうです。

 

 

以上です。

ようやく初登板でした。緊張した方がいいみたいです。
おすすめの記事