2021629日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦に敗れ、巨人戦から4連敗となった東京ヤクルトスワローズ。阪神と巨人に苦手意識のあるヤクルトについて元巨人の斎藤雅樹、元ロッテの里崎智也、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



今季の対戦成績
vs阪神 1勝8敗1分
vs巨人 2勝7敗1分

 

アナ ヤクルトは阪神に敗れました。これで4連勝の後に4連敗となりました。(※巨人に3連敗し、この日に阪神に敗れて4連敗)

 

大久保 そうですね。里崎さん、これ対策はどうします? ヤクルトはこのままでは上がってこれないじゃないですか。巨人と阪神にハッキリと分が悪いというのは最悪なんですけど。

 

里崎 そうですね。今日も田口は4イニングだけでしたけど、やっぱり先発が頑張っていくしかないですよね。

 

大久保 うんうん。

 

里崎 あと今日の試合ではサンタナの欠場も大きかったですよね。

 

大久保 確かに。

 

里崎 やっぱりオスナとサンタナが連動する事によって、上位から塩見・山田・村上が生きてくるんで。

 

大久保 そうですね。

 

里崎 やっぱりそこの外国人2枚というところも打線の繋がりを考えると今日は痛かったなと思いますね。

 

大久保 では雅樹さんはヤクルトがすべき対策はどうしたらいいと思いますか?

 

斎藤 やっぱり先発じゃないですか。前回の巨人戦でもそうでしたけど、やっぱり先発が早い回に点を取られ過ぎですよね。

 

大久保 うんうん。

 

斎藤 もう少し接戦に持ち込めば、ヤクルト打線はいいですから、ひっくり返すチャンスはあると思うんですけどね。

 

大久保 なるほどね。じゃあ先発がどうすればいいの、っていう話なんだけどね。

 

アナ はい。

 

大久保 今日なんかは『ゴロを打たせて勝つ』とか、『高めでフライアウトを取る』とか、そういうのを考えて、ただ単純に投げてると、どっちつかずになって前に飛んだのがヒットになって連打になるとかがあるから、俺はハッキリと考え方を決めた方がいいと思う。

 

アナ なるほど。

 

大久保 抑えてる間は方針を変えないでね。

 

 

以上です。

苦手意識はありそうですよね。
おすすめの記事