2018年6月27日フジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦で勝利し5連勝となった広島カープ。その原動力である打線について元横浜の野村弘樹、ヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也が稲村亜美と共に語っています。

 



6/226/236/246/266/27
阪神戦〇阪神戦〇阪神戦〇巨人戦〇巨人戦〇
5-311-311-614-58-6

稲村 広島が交流戦後に負けなしの5連勝です。

 

野村 強いですねぇ。カープは交流戦で苦しんでいたんですよ。

 

稲村 はい。

 

野村 まあ、でも、リーグ戦が再開されてから5連勝でしょ。まあ、何と言ってもこの打線だと思うんですけど、真中さん。

 

真中 そうなんですよね。今のカープは交流戦からあまり投手陣が良くないじゃないですか。

 

野村 はい。

 

真中 そんな中でこうやって打線が引っ張るんですよね。やっぱりバランスですよね。ピッチャーが悪い時に打線でカバーするという。このバランスが連覇しているチームだけあって非常に安定していますよね。

 

野村 そこが逆にならないですよね。

 

真中 そうですよね。

 

野村 点を取っても取られてしまって勝てないという事もない。

 

真中 そうですよね。ピッチャーが頑張っている時は何とか凌ぐとかもありますからね。素晴らしいと思います。

 

野村 里崎さんはどうですか。このカープの勢いをどう見ますか?

 

里崎 止まらないですよねぇ。だから、歯車がガッチリと噛み合っているのと、何をやっても上手くいくというところはチーム状況がいいという事になりますけど。まあ、これで一気に広島と他チームのゲーム差が広がって『いつ優勝するんですか?』という話になっちゃいますよね。

 

真中 いやいや、まだ早い(笑) まだ半分以上ある(笑)

 

野村 ちょっと走りそうですよね。早いと言うもまだ分かるんですけど。

 

真中 まだ5球団にも意地がありますからね。ここから巻き返さないとダメですよ。

 

野村 うん。

 

真中 何とかしてくれると思いますよ。

 

野村 そのためにはじゃあどうする?

 

真中 そうですね。じゃあ・・・まずは広島打線を抑えましょう!

 

一同 (笑)

 

稲村 そうですね。各チームのピッチャー陣に頑張って頂いて(笑)

 

野村 これで野村祐輔も戻って来たし、ちょっと盤石になるとカープが強いという雰囲気が出て来るんでね。もう1回、5球団が頑張らないとダメですよね。

 

真中 そうです。頑張りましょうよ。

 

 

以上です。

5連勝してほとんどの試合で打ちまくりですからね。この打線がセ・リーグを恐怖に陥れるんですよね。止められる球団はヤクルトぐらいかなという感じがしますが。真中は「ヤクルトが止めるぞ」とちょっと言いたいのかもしれません。

おすすめの記事