2018年6月27日フジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.SB戦の7回の3打席目で空振り三振後に怒りで膝でバットをへし折ってからの9回の次の打席でサヨナラ勝ちに繋がる気迫のホームランを打った北海道日本ハムファイターズのアルシアについて元横浜の野村弘樹、ヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日のアルシアの打撃内容】

1打席目 見逃し三振

2打席目 四球

3打席目 空振り三振

4打席目 ライトホームラン (打点1)

 

 

稲村 最後はまさかの押し出しで日本ハムが勝利です。

 

野村 そうですね。昨日のプロ野球ニュースで豊さんが『日本ハムのキーマンはアルシアじゃないか』という話をしていたんですけどね。

稲村 はい。

 

野村 このアルシアが9回にソロホームランを打って、それがサヨナラ勝ちの切っ掛けにはなっているんですけどね。前の打席でこれを見てください。

 

【7回アルシアの三振後の映像を見ながら】

稲村 うわぁ、凄いですねぇ。

 

野村 バットを膝で折ってその気合いがなんか9回に乗り移ったように見えたんですけども。里崎さん、こういうのってキャッチャーも見ているんでしょうけども。

 

里崎 そうですね。でも、今の時代だと炎上しそうですけどね。バットを折ったらね。

 

稲村 物を大事にしないとね(笑)

 

野村 そこも大切なことですよね。

 

里崎 はい。なかなか見られない光景でしたけど、次の打席で一発打ってやっぱり本人にとっては発奮材料になったかもしれませんね。

 

真中 でも、バットなんて普通はなかなか折れないよね。日本人だと。

 

野村 真中さんはバットでそういう事をやろうとは?(笑)

 

真中 絶対に外国人じゃないと折れないですよ。あの腕じゃないと折れない。僕らがなんぼやっても膝が痛いだけだもん。

 

里崎 僕らの場合はもう地面に叩きつけるだけです。

 

野村 なるほど(笑)

 

里崎 これで折れないと最悪ですからね。

 

真中 折れないと痛いもんね。

 

里崎 はい。折れないと足が痛いし、あと笑われるという最悪なパターンになります。

 

野村 じゃあ、試みたこともないという。

 

里崎 試みようとする気すらないです。

 

野村 そうか(笑) なるほどね(笑)

 

稲村 ハハハ(笑)

 

野村 それで、キャッチャーの話をすると、2アウトで1点差の時って一発で済んだと思うのか、逆に打たれたピッチャーの事を不安に思うのか、どう見ました?

 

里崎 まあ、一発で済んで良かったなと思いますよ。

 

野村 うん。

 

里崎 ランナーをためたくないものなんで。

 

野村 その後にヒット、死球となっているからピッチャーの心理がね。森が。

 

真中 今は森の状態が良くないですからね。だから、アルシアのホームランで嫌な感じになりましたよね。普通だったら1点であんまり関係ないという感じですけど。

 

野村 そこで割り切れれば良かったけど、引きずった感じがあったんでね。まあ、ソフトバンクとしてはあそこで逃げ切らないといけない試合だったんですけど、アルシアの一発がデカかったですね。

 

 

以上です。

膝でバットをへし折る外国人助っ人を久々に見たような気がします。こういうのを見せてくれる外国人は見ててちょっと面白いですよね。

おすすめの記事