2020年10月23日の阪神タイガースvs.読売ジャイアンツ戦@東京ドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西―岩貞―桑原―岩崎

巨人 今村―高梨―デラロサ―田口

 

阪神は先発西は2回表にマルテのエラーなどが絡み3失点。4回表にはマルテがソロホームランを放ち1点返し2点差。5回裏にはまたもマルテのエラー絡みで2失点。阪神は8回表に原口が2塁打を放ち2点差に迫る。9回表にも中谷のタイムリーで1点返すが反撃もここまで。4-5で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

会見の矢野監督は言葉から怒りが満ちている雰囲気だったとのこと

 

―試合について

矢野 (守備で)足を引っ張り過ぎ。勝てるはずがない。西は集中しにくい中で何とか気持ちを奮い立たせて投げてくれていたし、交代してからもベンチで元気をチーム与えるようにやってくれていた。それを野手がどう感じ取ったか。

 

―マルテのエラーについて

矢野 難しい打球じゃない。

 

―西降板後は無失点リレー

矢野 中継ぎの踏ん張りで追い上げがあったんだけど・・・。

 

 

以上です。

マルテは明日から頑張るしかない。
おすすめの記事