2019825日にテレビ東京で放送された『Sportsウォッチャー』でこの日の読売ジャイアンツ戦で12勝目をあげ、今シーズン絶好調の横浜DeNAベイスターズの今永昇太について中畑清が番組MCのビビる大木と共に語っています。

 



今季の今永の成績
12勝5敗 防御率2.38 奪三振155
8月25日時点でこの3部門で1位

 

大木 キヨシさん、今永投手の好調の理由はどこにあるんでしょうか?

 

中畑 あのね、投球術なんだよね。特に相手バッターのタイミングをどう外すというところでピッチングのテクニックを持っているんだよね。

 

大木 ほぉー。

 

中畑 まずスライダーが2種類ある。速いスライダーと抜けてくる遅いスライダーなんだよ。この時にしっかりと腕を振って相手のバッターのタイミングを外して三振を取っていくんだよね。

 

大木 なるほど。

 

中畑 それでバッターは全くタイミングが取れない。

 

大木 はい。

 

中畑 更にもっとスゴいのは真っ直ぐだね。真っ直ぐの腕の振りの中でリリースポイントが違うのよ。

 

大木 へぇー。

 

中畑 速く腕を振る時と長くボールを持つ時がある。

 

 

中畑 これだけの違いがあるんだよ。

 

大木 おぉぉ。

 

中畑 左の方は腕の振りが速くてリリースポイントが前なんだよね。そして右の方は遅くゆったりと腕を振ってピュっと投げてタイミングを外す。

 

大木 はい。

 

中畑 今、絶好調のゲレーロがストレートを見逃すほどタイミングをズラすという投球術というのを彼は持ってるわけですよ。

 

大木 なるほど。

 

中畑 これもしかして投手部門3冠を狙えるんじゃない?

 

大木 今はそれぐらいのピッチャーですよね。

 

中畑 そうそう。それぐらいの勢いを感じますね。

 

 

以上です。

勝てるピッチャーというのは何かしら技を持ってます。
おすすめの記事