2018年11月19日にテレビ朝日で放送された「帰れマンデー見っけ隊!&中居正広の身になる図書館」で中日ドラゴンズの松坂大輔が自身のバッティングについて語っています。聞き手はスタジオに色んな人がいるんですが、それをまとめて中居正広として書き起こしています。

 



横浜高校 野球部 元部長小倉清一郎の証言から始まります

小倉 バッティングもスゴかったんですよ。直球のど真ん中を打たないんですよ。相手の決め球を打って喜んでんの。だから、他の選手が打てないのにそれを松坂が打つんですよ。甲子園では杉内から狙ってホームランを打ったりね。バッターとしても超一流だった。だから、サードをやってりゃ今の村田修一ぐらいにはなってますよ。

 

このVTRを見てスタジオで松坂と中居がこの証言について語り始めます

 

中居 今は二刀流って言われてますけども、あの時代に二刀流は流行ってもなかったし、やる人もいなかったんですけど、バッティングは好きでしたか?

 

松坂 バッティングは大好きでしたね。ピッチングよりも(笑)

 

中居 えぇー(笑)

 

松坂 僕はもともとバッターでプロに入りたかったので。

 

中居 えぇぇ!?(笑)

 

松坂 高校2年生ぐらいの時に人づてにプロのスカウトの人が「バッターで評価している」って言われて『えっ、ピッチャーじゃないんだ』というショックが全くなくて。

 

中居 うん(笑)

 

松坂 『やった!俺バッターでプロ入れるよ!』って。

 

中居 あぁ、そう(笑)

 

松坂 まあ、やれたって言ってくれる人は多いですけど、今やっている大谷翔平君なんかは本当にスゴいと思いますね。

 

中居 大谷ってスゴいですか?

 

松坂 いやぁ、スゴいと思います。やっぱりピッチャーとしも、バッターとしても、あのレベルを維持できてるというのがね。

 

中居 どっちかが偏ったりだとかするけども、2つともしっかりしていると。

 

松坂 スゴいです。

 

中居 ソフトバンク時代に肩を痛めていたじゃないですか。

 

松坂 はい。

 

中居 その時に例えばですけど、今から打者転向というのは考えなかったんですか?

 

松坂 それはですね。考えました。

 

中居 えぇぇ!あぁ、そう。

 

松坂 痛くなってから3ヶ月とか4ヶ月とか経ってもどうにもならなかったので、ホークスのフロントの方に野手で1年やらせてくださいって言おうかなってずっと考えていて。

 

中居 そうなんだ。

 

松坂 それで僕は2軍の施設でずっとリハビリをしていたんですけど、ピッチャーの練習をした後に残って、ずっとバッティングしてました。

 

中居 それもトレーニングの一環ですもんね。

 

松坂 多分、ほとんどの人もそう見ていたと思います。まあ、僕がバッティングを好きなのをみんな知ってますし。

 

中居 はい。

 

松坂 多分、気分転換やってるんだろうなぐらいで見てたとは思うんですけど。

 

中居 そうなんだね。

 

 

以上です。

野手転向を考えるぐらい肩の状態がダメだったんでしょう。

おすすめの記事