2018年12月23日にフジテレビで放送された「S-PARK 」で100人が選ぶナンバーワンの「平成最強のバッター」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



平成最強バッター 第3位 1人目

上林誠知 全てにおいて数字が規格外じゃないですか。

 

山田哲人 パワーだけでなく打率も残せますし、それ以外にも足が速いんで柳田さん。

 

トリプルスリー3回の山田も挙げた最強バッターは同じくトリプルスリーを経験しているソフトバンクの柳田悠岐(15票)でした。

 

柳田の主な記録

通算打率.320 921安打 150HR

首位打者2回 パMVP1

 

 

平成最強バッター 第3位 2人目

山岡泰輔 やっぱり今まで見たフリーバッティングの中で1番スゴい選手かな。

 

武田翔太 どこに投げても打たれるイメージがありますね。

 

柳田悠岐 大谷。ファンなんでね。応援してましたし。ホームランを大谷が打つたびに、わーってなってました。

 

柳田と並び3位に入ったのは大谷翔平(15票)。ピッチャーとのダブルランクインはまさに最強二刀流。メジャー経験者の安打製造機もそのバッティングに舌を巻く。

 

青木宣親 ああやって打ちたいですね (笑) 日本人の中でにそういう向こうで長距離バッターとして飛距離で負けない選手が出てきたっていうのは衝撃を受けましたし、なんかすごく嬉しかったですね。個人的にはバッターをずっとやっといてほしいんですけど。

 

大谷の主な記録

日米通算打率.286 389安打 70HR

MLBア・リーグ新人王

 

 

平成最強バッター 第2

小川泰弘 やっぱり先輩方に聞くと、どうやっても抑えられなかったとか、そういう言葉も出てきますし。

 

山崎康晃 カラーバットとカラーボールで野球をしているような感覚でホームランを打つんで(笑)

 

阿部慎之助 やっぱり松井さんじゃないですか。ここで打ってほしいって時に期待通り打ってくれるバッターだったんで。

 

第2位は平成30年間で最もホームランを打った松井秀喜(18票)。巨人で数々のタイトルを手にし、海を渡ると2009年には日本人初のワールドシリーズMVPに輝きヤンキースの世界一に貢献。松井を語る上で欠かせないのが。

 

京田陽太 高校時代から5打席連続敬遠もされましたし、プロに入って活躍して、メジャーでも活躍されたんで、同郷(石川県)の僕にとっては本当に誇りに思う存在です。

 

松井の主な記録

日米通算 打率.293 2643安打 507HR

NPBホームラン王3回 セMVP3

MLBワールドシリーズMVP1

 

 

平成最強バッター 第1

松田宣浩 もうレジェンドなんで。

 

坂口智隆 記録がスゴい。単純に。

 

平田良介 野球を始めたキッカケの方でもあるので。

 

秋山翔吾 それはもうイチローさんじゃないですかね。影響を受けたところは多かったと思います。

 

平成最強バッターは世界の安打製造機イチロー(23票)。プロ野球初のシーズン200安打。メジャーシーズン最多安打。積み上げてきたヒットは世界最多の4367本。更にイチローと言えば。

 

源田壮亮 小さい頃は打ち方の真似したり。

 

鈴木大地 小さい頃からよく真似したっていうのもありますし。

 

平成の野球少年が一度は真似したイチローのルーティーン。それはプロ野球選手も同じです。

 

イチローの主な記録

日米通算 打率.322 4367安 235HR

メジャーシーズン最多262安打

通算安打世界記録

 

平成最強ピッチャートップ7

順位選手票数
1位イチロー23
2位松井秀喜18
3位大谷翔平15
3位柳田悠岐15
5位山田哲人7
6位松井稼頭央4
7位松中信彦3

 

平成最強ピッチャーはこちら

 

以上です。

平成はイチローと松井の時代ですね。

おすすめの記事