20191118日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でポスティング移籍でメジャー挑戦を表明した読売ジャイアンツの山口俊について元中日の谷沢健一、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



山口の通算成績(2006~2019)
427試合 1080回1/3 防御率3.35
64勝58敗112S 1053奪三振

 

アナ 巨人の山口俊投手がポスティングシステムで海外への挑戦を表明しました。

 

野村 原監督も会見に同席して言われてましたけど今年は15勝をあげていますからね。

 

アナ はい。

 

野村 まあジャイアンツからすると大きな戦力が抜けるという意味では残念ですけど、本人の夢であったり野球に対する思いは強いでしょうからね。谷沢さんはどうですか?

 

谷沢 まあだけど、以前のジャイアンツだったらポスティングで抜けていくのは考えられない。

 

野村 そうですね。

 

谷沢 松井秀喜なんかも大変な状況でメジャーに挑戦した。今の原監督は全権監督ですからね。やっぱり原監督が自分の判断で「山口、行っていいぞ 頑張ってこい!」と送り出せる権威を持ってますよね。

 

野村 うーん。苫篠さんはいかがですか?

 

苫篠 ポスティングでアメリカでやりたい、という報道を聞いて僕もビックリしました。普通だったらもっと前からアメリカに挑戦したいことを匂わせながら日本でやるというのが今までの通例だったので、いきなりポンっと発表が出たので驚きましたね。

 

野村 またFAでジャイアンツに行ってからのポスティングなんで正直僕もビックリしましたけどね。

 

谷沢 うん。ハッキリ言って今年が15勝で2018年がそんなに勝ってない。

 

野村 そうですね。

 

谷沢 それで以前にちょっとしたトラブルに起こしてましたよね。

 

 

アナ 横浜時代は最年少での100セーブも達成してます。

 

野村 うん。僕がピッチングコーチをしている時に彼が入団して、当時は抑えでよく投げてくれて馬力もあっていいピッチャーだったんですよね。FAでジャイアンツに行くって聞いた時には、その時の僕は解説者の立場でしたけど、ちょっと残念な気持ちがあったんですよね。

 

アナ うーん。

 

野村 まあ今年ジャイアンツでこれだけ頑張って良かったなあという中でのポスティングですからね。純粋に彼を応援したいですね。

 

谷沢 まあ体が大きいですしね。お父さんが相撲取りだったからメジャーに行ってもひけを取らないんじゃないかな。

 

アナ そして2016年のオフにFA移籍。

 

野村 はい。それからもう3年ですか。涙のFAからあっという間でしたね。

 

谷沢 まあ平成最後のノーヒットノーランをやった男でもあるしね。まあ、ジャイアンに来てピッチング自体が非常に変わりましたよね。というのは力で抑えてたDeNA時代とは違って、ゴロを打たせるようになったし、投げ方も8割ぐらいの力で打者を牛耳っていましたしね。

 

野村 うんうん。

 

谷沢 なんかジャイアンツで得たものがあったんじゃないかな。

 

苫篠 やっぱり巨人のピッチャーとして貢献をして初めてメジャーに行きたいと示すことができるんで、そういう意味では今シーズンは心の中に秘めた思いがあったのかもしれませんよね。

 

野村 秘めて今シーズン頑張ったと。

 

苫篠 プレミア12でもかなりの意識があったでしょうね。

 

 

野村 そうですよね。メジャーでやるなら先発でいくのか、抑えでいくのか、どっちでいくんでしょうかね。

 

谷沢 やっぱり最初は先発じゃないですかね。

 

野村 また入るチームによっても違いはありそうですけど、どちらにも対応できる選手ですよね。

 

ポスティングまでの経歴
横浜 2006/6/29
史上13人目の初登板、初先発、初勝利

DeNA  2012/9/4
史上25人目の100セーブ

DeNA  2016年のオフ
巨人にFA移籍

巨人 2018/7/27
史上79人目のノーヒットノーラン達成

巨人 2019/6/29
史上353人目の1000投球回
巨人 2019/8/12
史上150人目の1000奪三振

 

以上です。

いきなりの表明でした。
おすすめの記事