2021年4月18日vs東京ヤクルトスワローズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―石井―岩貞―加治屋―岩崎―スアレス

ヤク 小川大下―今野―坂本―梅野

 

阪神先発のガンケルは序盤からスイスイと好投。攻撃では初回に大山の犠牲フライで先制。3回裏にはガンケルのヒットから連打で一挙5得点。4回裏にはマルテの2ランで8点差。ガンケルは6回表に青木にタイムリーを打たれて1失点。ガンケルはこの回で降板。阪神はこのまま余裕の試合展開かと思いきや7回表に登板した石井がまさかの4失点で3点差に迫られる。7回裏には阪神も中野の2点タイムリーで突き放す。8回表に加治屋がまたもヤクルト打線に捕まり2失点で再び3点差となる。試合はここで打ち止めとなり最後にスアレスが締めて10-7で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

ボールを右手に当てて退場した梅野について

矢野 右手が腫れた。展開的にも少し休ませようと思っていたところだった。まあ、大丈夫でしょう。

 

6回1失点の先発ガンケルについて

矢野 ベース板のところで強さもあって、ボールも動くんである程度コントールできればなかなか打たれることがないよね。やっぱり勉強熱心さには本当に頭が下がる。バッティングでも今日はヒットを打ったり、前回はバントを決めたりとキャンプで川相さんに教えてもらったことを吸収して継続してしっかりとできている。申し分ないよね。

 

リリーフで4失点の石井について

矢野 安定して抑えるためには変化球でカウントを作らないといけない。苦しくなって真っ直ぐを打たれるパターンになっているので、もう少しピッチャーとして引き出しを増やしていく事が必要だ。これを乗り越えれば、また大きくなるんじゃないか。心配はしていません。

 

 

以上です。

7連勝。
おすすめの記事