201954日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦に先発し、91失点と見事な完投勝利をあげた阪神タイガースのランディ・メッセンジャーのピッチングについて横浜で監督をしていた大矢明彦とフリーアナウンサーの師岡正雄と共に解説しています。

 



この日のメッセンジャーの投球内容

9114被安打3 奪三振3 四球2 失点0

27アウト中ゴロアウト17

今季22敗 防御率3.66(5/4の試合終了時点)

 

 

メッセンジャーのヒーローインタビューの一部

メッセンジャー サイコウデース。(※日本語)

 

 

大矢の解説

アナ 阪神がDeNAを下して勝利。大矢さん、今日のメッセンジャーですが改めてどうでしたか?

 

大矢 やっぱり立ち上がりに3番ロペスをダブルプレーで打ち取り乗り越えたのがスゴく大きかったですよね。

 

アナ はい。

 

大矢 どんなピッチャーも初回はいいスタートを切りにくいんですけども、今日一番良かったのは27個のアウトで17個をゴロアウトを取れたことですね。

 

アナ うーん。

 

大矢 だからうまく打たせて取ったピッチングでしたね。ベンチから見ても安定感があったと思いますね。

 

アナ そうですね。本当に打たせて取るから球数も多くなく9イニング目もいけたという感じでしたね。

 

大矢 はい。なんかベンチが思っている以上の内容のあるピッチングでしたね。

 

アナ これでメッセンジャーが戻って来ましたんで、ちょっと好調のタイガースはこれから楽しみですね。

 

大矢 投手陣に一本芯が通った感じがしますよね。

 

アナ はい。今日はメッセンジャー投手の見事な完投で阪神が勝利しました。

 

 

以上です。

エース復活です。先発が揃ってきました。
おすすめの記事