201954日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で2つの盗塁を成功し、早くも10盗塁となった阪神タイガースの近本光司について横浜で監督をしていた大矢明彦と元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に解説しています。

  



アナ 今日はメッセンジャー投手の完投勝利に目が行くんですが、新人の近本選手が素晴らしい成績をここまで残しています。32試合に出場して、既に二桁盗塁を達成しました。これ実は2001年の赤星さん以来、球団新人で二桁10盗塁に到達したということです。

 

球団新人の10盗塁到達試合数
2001年赤星72試合目
2019年近本32試合目

 

アナ まず大矢さんに伺いたいんですけど、この近本選手の足はどうですか?

 

大矢 今日もそうでしたけど、キャッチャーがかなり警戒しているんですよ。それでピッチャーもクイックで投げていいスタートを切らせないようにしていましたけど、それでも走ってきますんでね。

 

アナ そうですよね。

 

大矢 そこがランナーとして相手が十分認めていることですよね。バッテリーにとってプレッシャーのかかるランナーですよね。

 

アナ 警戒の上を更にいくというスピードですよね。

 

大矢 だいたいウエストされてもアウトに出来ないってぐらいになると、もう本当にスゴいランナーです。

 

アナ 本物になるとそうなんですね。

 

大矢 はい。

 

アナ 谷沢さん、その期待も高まりますね。

 

谷沢 シーズン始まる前にこの近本くんに話を聞いたことがあるんですけどね。

 

アナ あっ、そうなんですね。

 

谷沢 うん。50メートル58で走るんですよ。

 

アナ はい。

 

谷沢 ところが盗塁の際のスタートが得意じゃないと、なかなか思うようにスタートを切れないと言ってましたけどね。

 

アナ そうなんですね。

 

谷沢 そんな杞憂も心配ないような感じですね。

 

アナ そうですか。

 

谷沢 うん。

 

アナ 単純計算でシーズン45盗塁のペースできているという近本選手ですが。

 

谷沢 もっと出来そうな感じがするね。

 

大矢 もっといく。

 

アナ あっ、いきますか?

 

大矢 うん。いきますね。50はいけると思います。

 

 

以上です。

大矢と谷沢に認められました。赤星の再来ですね。
おすすめの記事