2018年10月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで4戦、日本シリーズ3本目のホームランを4回表に打った鈴木誠也について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 4回表にカープの鈴木誠也選手が日本シリーズ3本目となるホームランで1点差としました。

 

野村 鈴木誠也選手が絶好調ですね。2アウトランナー無しでアウトコースの甘めの逆球で真ん中ですかね。

 

高木 真ん中やや外目の高め。

 

野村 真っ芯ではないように見えるんですけどね。やっぱり絶好調ですね。ただランナーがいるときといないときでバッティングのスタイルを明らかに変えていますよね。

 

高木 試合の展開とか状況によって自分のバッティングの狙いを変えてますね。

 

野村 里崎さんはこの鈴木誠也のバッティングはどうですか?

 

里崎 バッテリーサイドからすると、2アウトで絶好調の鈴木誠也、ホームランだけは避けたい。でもホームランにならないというリードはないんですけど、その中でやっぱり高めを打たれるというところはちょっと意識が足りなかったなと思うんですよね。

 

野村 うん。

 

里崎 低めに投げてのホームランだと仕方ないかなと思うんですけど、2アウトだけにあそこのコントロールミスは痛かったですね。

 

野村 東浜も試合後に言っていましたけど、ソロはOKとはいえ、なかなかこういう失投をするピッチャーではないですよね。

 

高木 ソロはOKって言っていますけど、守っている野手からすると、ここで鈴木誠也を迎えて『一発だけはやめろよ』って。

 

野村 あっ、野手も考えたりするんですか。

 

高木 考えて守ってますよ。

 

野村 まあ、一番いいバッターですからね。

 

高木 せっかく2アウトまで取ったのにね。タイムリーを打たれるのは仕方ないにしろ、『ここで一人で1点取られるなよ』と考えて守っていますよ。

 

野村 なるほどね。

 

高木 打たれた後は『やっちゃったよ』ってなります。

 

野村 里崎さん、キャッチャーとしてもここでの一発は避けなきゃならない場面ですよね。

 

里崎 そうですね。多分、ツーシーム系の低めを選択したと思うんですけど、それが引っ掛かってしまったのか、高めに浮いてしまったというところがキャッチャーとしてはもうちょっとピッチャーには意識してほしいと思いますよね。

 

野村 大事に丁寧にというところですね。

 

 

以上です。

日本シリーズ3本目で絶好調です。

おすすめの記事