2019526vs横浜DeNAベイスターズ戦@ハマスタの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は3試合連続7失点で2軍落ちしていたガルシア、DeNAの先発は阪神キラー濱口遥大。阪神は初回先頭の近本がいきなりホームランを打ち1点先制。2回表にはマルテ2ラン、中谷ソロ、エラーの間の1点と4点追加し5点差に。5回表には大山のソロホームラン。7回には梅野のタイムリーで1点追加。阪神先発のガルシアは1回から快調で最後まで投げ切り完封勝利。最終スコア7-0で阪神の勝利。ABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―ガルシアの完封で快勝

矢野 チームにとって非常に明るい材料が増えたよね。球の走りが戻って本当にガルシアらしさが出た。チームにとってスゴく大きい1勝である。今日は打線が打ち、ガルシアが勝ち、リリーフが休み、下位打線もヒットを打って最高だった。

 

3打数3安打5出塁の近本について

矢野 相手にとってイヤなバッターになりつつあるよね。日頃からチカには、俺がキャッチャーからすると、お前がキレイなヒットで出塁するよりも打ち取ったと思ったのに出塁されることほどイヤなことがないんで、そういうことを言っていて、今日はホームランも出たけど、そういうヒットも出ていたのも良かったね。

 

―火曜から巨人、広島との連戦

矢野 特に巨人にはまだまだ借りがあるし、自分たちの野球をやっていい野球をしたい。

 

 

以上です。

ガルシアは打たれる気がしなかった。
おすすめの記事