2018年4月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で中日のビシエドとドラフト1位ルーキーの鈴木博志について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉が語っています。この日のビシエドは4打数3安打2本塁打2打点、鈴木は1回を2奪三振で最速155キロを出しました。

 



【最初はビシエドについて】

岩本 ドラゴンズのビシエド。打った瞬間にガッツポーズするが出るぐらいの凄いホームラン。

 

大矢 そうですね。物凄い当たりで持って行きますけども。まあ、シーズン続けていってくれないとね。カープに3連敗したわけですから。巻き返しもしないといけないし頑張ってもらいたいよね。

 

岩本 3連敗したドラゴンズですけど打線の軸がいるといないとでは大きな差ですよね。

 

大矢 もちろんそうなんですよね。

 

 

【ここからドラフト1位ルーキーの鈴木について】

 

高木 これは見事ですね。まず球が速いですね。力がある。それと投げ急がないという。だから、故障しなきゃいいなと思っていますけど。

 

岩本 あ、そんなに目一杯でいってるんですか?

 

高木 いや、アマチュア時代からちょっと知っていて故障がちだったんですよね。

 

岩本 はいはい。

 

高木 ちゃんと働くには体も鍛えながら。肘にちょっと爆弾を抱えていて。だから、その辺をちゃんとケアしながらやってほしいと思います。

 

岩本 大矢さんがもしキャッチャーとして受けるならどんなアドバイスを彼に送りますか?

 

大矢 「もうそんなにコーナー狙わないでいいんじゃない」と言うと思いますね。

 

岩本 へー。

 

大矢 「もうこの近辺を思い切って投げなさいよ」みたいな。

 

岩本 もう持ち味を前面に出しなさいと!

 

大矢 そうですね。怖がらせないように投げさせたいね。

 

岩本 なるほど。表情もいいですねぇ

 

 

以上です。

ビシエドの当たった時の飛距離は相変わらずヤバいです。そして鈴木の剛速球はかなりやりそうです。

おすすめの記事