2020年10月28日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でホームランランキングトップとなる27号ホームランを放った読売ジャイアンツの岡本和真について元中日の立浪和義、元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日の岡本の打撃内容
1打席目 センター前ヒット
2打席目 レフトホームラン(打点3)
3打席目 サード併殺打
4打席目 ショートライナー

 

アナ 巨人はDeNAに敗れてまたも優勝マジックを自力で減らせませんでした。立浪さん、この試合の熱視線はどちらになりますか?

 

立浪 試合の内容はちょっとミスが多かったんですけども、岡本選手がリーグトップの27号ホームランを打ちましたよね。

 

真中 はい。

 

立浪 そして打点が84とセ・リーグでトップになりました。今日のスリーランでかなりタイトルに近付いたんじゃないかなと個人的には思ってるんですけど。

 

真中 はい。

 

立浪 次の打席では2アウト満塁でダブルプレーになって、ちょっともったいないシーンもあったんですけど、タイトル争いは岡本選手がかなり有利じゃないかなと感じましたね。

 

真中 一時は同点となる貴重な一発でもありましたからね。

 

アナ そうですね。

 

真中 江本さん、岡本の状態をどう見てますか?

 

江本 まあ、どさくさにまぎれてじゃないけど、こんな時に打った方がいいよね。

 

真中 はい(笑)

 

江本 チーム状態は悪いけど、自分のバッティングをここで上げておかないとね。

 

真中 うんうん。

 

江本 今日はいいホームランを打ったんじゃないですかね。

 

真中 そうですね。バッティング内容としては良かったですよね。

 

 

以上です。

ここからまた量産するんでしょうかね。
おすすめの記事