2018年4月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でロッテのルーキードラフト2位の藤岡裕大、ドラフト4位の菅野剛士について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉が語っています。ちなみにこの日は2人で3安打3打点と躍動しました。

 



岩本 ルーキーの藤岡と菅野、この両人がマリンスタジアムの風を新しい風の香りにしていましたね。

 

大矢 そうなんですよね。ロッテのベンチにどんどん良い風が吹いている。2人とも凄く落ち着いたプレーをしますね。

 

岩本 ルーキーの活躍はチームを活気づける不思議な力を持っていますよね。

 

大矢 そうですね。井口監督もとっても気分良く采配ができると思いますよね。

 

岩本 豊さん、この2人はドラフト会議ではお互いに苦い思いをして今シーズン晴れてプロ野球選手になれたという同じ境遇を持っている選手たちですよね。いいコンビに見えないですか?

 

高木 まあ、そうですね。切磋琢磨してね。1人だけだったらプレッシャーが掛かったり。でも、二分されるというか刺激にもなるし。だから、非常に良い効果を生んでくるといいですよね。

 

岩本 お互いにどっちかが疲れたりとかスランプ的なものを感じた時にお互いにいいタイミングで声を掛けれそうな仲にも見えますよね。

 

高木 そうですね。ただ、相当疲れると思いますよ。そこら辺の精神的なケアとかを周りがサポートしてあげるといいですよね。

 

この日の2人の打席成績は下記となります。

藤岡の打撃成績は3打数1安打で打点1 シーズン打率.417

菅野の打席成績は3打数1安打で打点2 シーズン打率.375

 

 

 

以上です。

ルーキーの活躍でチームに活気が出るのは井口監督にとっては嬉しいでしょうね。これが続くとロッテは侮れない存在になっていくでしょう。

おすすめの記事