2021年4月20日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で決勝点に繋がるバッテリーエラーをしてしまった広島カープのキャッチャー坂倉将吾について元横浜の平松政次、中日で監督をしていた谷繁元信、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



状況
7回表 同点 1アウトランナー2塁
ヤクルトのバッター川端という場面でピッチャー森下の暴投をトンネルという形でワイルドピッチしてしまったキャッチャー坂倉。その暴投でランナーが3塁に進み、内野は前進守備となる。その後、バッター川端は前進守備の内野の間を抜く当たりで勝ち越し点を取られてしまいチームは敗戦。

 

アナ ヤクルトが川端選手の決勝タイムリーで広島に勝ちました。

 

大久保 このタイムリーの川端の話なんですけど、この川端を楽にさせちゃったプレーがあるんですよね。谷繁さん、キャッチャー坂倉はスゴく反省してるでしょうけど。

 

 

谷繁 はい。これ森下が投げたボールはストレートだと思うんですよね。それでまさか森下があそこに投げるっていう感覚が多分ないんですよ。

 

大久保 予想もしてなかったと。

 

谷繁 そうです。だからミットの被せ方が真逆ですからね。

 

大久保 そうですよね。

 

谷繁 まあ、難しいと言えば難しいんですけど、これは止めないといけないですよね。

 

大久保 うーん。平松さんはどうご覧になりますか?

 

平松 ランナー2塁とランナー3塁では、そらもうピッチングが変わりますからね。やっぱり甘いボールが行って前進守備の内野の間を抜かれるヒットを打たれると。

 

大久保 はい。

 

平松 あの暴投を坂倉が止めていたらランナー2塁のままですから、ライト前ヒットもないですからね。

 

大久保 そうですね。内野の前進守備もしないですからね。

 

平松 だから大きなミスになりましたよね。

 

大久保 だから坂倉はここでリスクマネジメントをしっかりしてほしかったですね。外角に構えていても内角に来る事も想定してたりね。

 

平松 まあ投げてるのが森下だからまさかワンバウンドするボールが来るとは思ってなかったよね。

 

 

以上です。

止めないといけなかった。
おすすめの記事