【梅野タッチアップ事件】誰が悪いのか 真中、谷沢、大矢が語る 2018年8月30日

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2018年8月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズの5回裏に起こった出来事についてヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

【状況】

  • 1アウト満塁3塁ランナー鳥谷、2塁ランナー梅野
  • バッター糸原がセンター定位置ぐらいのフライを打つ
  • 犠牲フライで鳥谷が楽々生還(本塁直前で走るのを緩める)
  • 梅野も犠牲フライで3塁に進むがセンターが3塁に送球し余裕でアウト

 

ホーム直前で走るのを緩めた鳥谷が悪いのか

3塁に進もうとした梅野が悪いのか

アナ 阪神は3連敗です。

谷沢 まあ、しかし、5回裏の同点のチャンスですよ。1アウト満塁で打者糸原。このフライで3塁ランナー鳥谷、2塁ランナー梅野、ここで鳥谷は悠々セーフだと思っているけども、どうですか梅野の走塁は?大矢さん。

大矢 そう来ましたか・・・。

真中 ハハハ(笑)

谷沢 いや、あの浅いセンターフライで3塁に進む?

大矢 いや、やっぱりどこに送球するのかをまず見ながら走らなきゃいけないんで。

谷沢 はい。

大矢 これは3塁で絶対にアウトになるタイミングなんで、途中で止まらなきゃいけないと思いますけどね。

谷沢 うん。あのフライではホームには投げないよね。

真中 そうですね。まあ、2つありますよね。

谷沢 うん。

真中 もちろん、梅野のタッチアップの判断ですよね。このフライで梅野がタッチアップできるかという判断というのが1つ。もう1つはやっぱり鳥谷が全力でホームに走らないといけないです。

谷沢 ハハ(笑)

真中 それで、2人とも全力で走っていれば、このタイミングでアウトになっていても、ホーム生還で1点貰えるわけですよ。

谷沢 うん。

真中 でも、鳥谷が最後に抜いてしまったので、その分遅れてしまったんですよね。

谷沢 うん。

真中 まあ、ヨーイドンで走ったら2塁から3塁と、3塁からホームに着くのはそんなに差がないので、アンパイアは恐らくセーフにするはずなんですけど、ちょっと明らかに2つのミスが重なっていますよね。

谷沢 鳥谷は最後の4、5メートルで抜いてるもんね。

真中 抜いてますね。あれをしっかりと走っておかなくちゃいけないということですよね。

谷沢 何か100メートルで最後に抜くようなもんだね。

アナ フフフ(笑)

真中 予選じゃないですからね(笑) 本選ですからね(笑)

アナ そうですね(笑) そして、金本監督のコメントなんですが「タッチアップとか信じられないプレーが出る 俺も見たことないしな あんなプレー」と仰っています。

谷沢 真中さん、あれを防ぐにはどうなんだろうね。

真中 もう梅野がタッチアップで行っちゃダメですよ。あの距離だと無理ですもん。そもそも。梅野も自分の足も頭に入ってないですよね。

谷沢 コーチもなす術がないね。

真中 2塁ランナーの判断はサードコーチは全く関係ないと思うんですよ。もう2塁ランナーが自分でいけると思った時に走ってくるわけだから、サードコーチの責任は全くない思いますし、梅野個人の判断ミスになりますね。

谷沢 梅野、しっかりやれや!!(笑)

真中 フフフ(笑)

小久保、掛布、関本などが中継の時に生で語っていたこと

2018年8月30日の甲子園、阪神VS.ヤクルトの試合で5回裏に起こったタッチアップを巡ることに小久保裕紀、掛布雅之、関本賢太郎、安藤統男、黒田正宏が中継で生で語った見解です。

その映像

以上です。

結局、梅野の判断ミスなんですよ。