2018年11月19日にテレビ朝日で放送された「帰れマンデー見っけ隊!&中居正広の身になる図書館」で中日ドラゴンズの松坂大輔が横浜高校時代のコントロールが悪すぎたエピソードについて語っています。聞き手はスタジオに色んな人がいるんですが、それをまとめて中居正広として書き起こしています。

 



まずこのことについて1年先輩の上地雄輔VTRで語ります

上地 彼が最初に入ってきた時は、学年ではエース候補として僕らも知っていたんですけど、ピッチャーとキャッチャーで18.44メートル離れたところからピッチングしている時にワンバウンドばっかり投げてきて、「もっと上に投げろよ」と言うと、全然違う上の方投げたりだとか。『わざとだろ?』って思うぐらいコントロールが悪くて。もちろん緊張していたというのもあるかもしれないんですけど、『中学まで野球やっていたんだよな?』って思ったのをスゴく覚えてて。本当にコントロールが良くなかった。

 

ここからスタジオで松坂と中居がこのことについて語ります

 

中居 20年以上前の話になりますけど、このことは覚えていますか?

 

松坂 覚えています。入学した当時は、同い年のキャッチャーに受けてもらうことがほとんどなかったんですね。

 

中居 あっ、先輩になるんですか。

 

松坂 受けるのが1個上の上地さんだったり、もう2個上のレギュラーのキャッチャーだったり。

 

中居 はいはい。

 

松坂 もう当時は『ちゃんと投げなきゃいけない』という。

 

中居 迷惑をかけちゃいけない。

 

松坂 はい。ちゃんと投げなかったら、しばかれると。

 

中居 時代が時代だから(笑)

 

松坂 はい。もう緊張して先輩の顔にも当てたこともありますし。

 

中居 えぇぇ!

 

松坂 もう本当に当てた瞬間に『死んだ』って思いました(苦笑)

 

中居 いや、当てられた方が『死んだ』と思うよ。顔に当てられた方が死ぬ(笑)

 

松坂 当時のピッチング練習はもう思い出したくないぐらいですね。本当にピッチング練習をやりたくなくて。

 

中居 プルペンに入りたくない。

 

松坂 はい。ピッチング練習するぐらいなら外でずっと走らされている方がいいと思っていて。

 

中居 へぇ~。

 

松坂 当時の監督もそれを見ているので、『ピッチャーじゃ使い物にならない』と思われて、肩も強いし外野で使おうって思われていたと聞いています。

 

中居 コントロールが良くなって、『ピッチャーでもいけるかな』と自覚できたのはいつぐらいから?

 

松坂 まともに投げられるようになったのは高校2年生の春ぐらいですかね。

 

中居 そうなんだ。

 

松坂 やっぱり3年生が抜けて、ちょっとリラックスできるようになったので(笑)

 

中居 なるほど。

 

松坂 もうとにかく練習の時間が怖かったんですね。

 

中居 練習の時間が怖い(苦笑)

 

松坂 やっぱりミスを許されないというか。

 

中居 うーん。

 

松坂 その怖さがあったから、試合ではなんてこないんですよね。

 

中居 へぇ~。逆にそういうことなんだ。

 

松坂 はい。試合中のミスで怒られることはないんですよ。だから、試合って聞くと『解放された!』って。

 

 

以上です。

上下関係で気を使い過ぎるとキツい。

おすすめの記事