2020811日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦でプロ入り初のマルチヒットと打点を記録した中日ドラゴンズのドラフト4位ルーキーの郡司裕也について元南海阪神の江本孟紀、元巨人の松本匡史、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の郡司の打撃内容
1打席目 ショートフライ
2打席目 レフト前ヒット
3打席目 センターフライ
4打席目 センター前ヒット(打点2)
5打席目 フォアボール
シーズン打率.308(8/11の試合終了時点)
プロ初打点&マルチヒット!

 

アナ 中日の福谷投手が広島を相手に好投し1173日ぶりの勝利をあげました。

 

大久保 はい。松本さん、この福谷と組んだのが慶応バッテリーでキャッチャーの郡司がよくやりましたね。

 

松本 よくやりましたねぇ。そのバッティングなんですけど、センター方向に打ち返す気持ちが強いですよね。

 

大久保 なるほど。

 

松本 ですから、コンパクトなスイングで無理のないバッティングで非常に良かったと思います。

 

大久保 そうですね。郡司はもともとライトにも放り込めるバッターなので、松本さんが言われるようにセンター中心のバッティングができるんでしょうね。

 

松本 えぇ。ですから率も上がってくるでしょうし、こうやってバッティングがいいとリード面でも良さが出てくるでしょうね。

 

大久保 そうですね。江本さん、郡司楽しみですよね。もともとスローイングが良くなかったのが1軍に戻って来たら非常に良くなったという事なんですよ。

 

江本 まあ、バッティングについては形が出来上がってるわね。

 

大久保 あぁ、なるほど。

 

江本 慶応卒でそれなりの経験も積んでるしね。今後もどんどん使っていけばいいんじゃないですか。

 

大久保 今後も期待できそうですね。めちゃくちゃ楽しみなキャッチャーが出てきましたよ。

 

アナ そうですよね。今後も慶応バッテリーで勝利に貢献してほしいですね。

 

大久保 点が取れてないチームなので打てるキャッチャーでね。あとは経験・リードでしょうね。

 

 

以上です。

アリエルもいますけど郡司を使った方がいいかもしれない。
おすすめの記事