2018年10月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで4戦、驚異の内角打ちでホームランを4回裏に打ったデスパイネについて、そしてそれをリードした會澤翼について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 4回裏に2アウトランナー無しでデスパイネ選手がホームランを打ちました。

 

野村 いや、これビックリしましたよ(笑)

 

稲村 はい。

 

野村 野村は完璧なツーシームを投げたんですけどね。この映像を見てください。もうこれ分かったように打ってますよね?

 

高木 だって1打席目から、デスパイネはインコースを張っていましたからね。

 

ここで少しそれについて触れています

 

野村 1打席目は最後の球がアウトコースに来て見逃し三振でしたけど、この打席でも同じように足を開いてインコース待っていましたからね。

 

高木 そうそう。でも、この内角球を打たれたら後ろで守っていても『しょうがない』と思いますね。そのぐらい完璧に打たれましたからね。でも『読まれてるな』とは思いましたね。

 

野村 ピッチャーからしても、あれを打たれたら完全に狙われているとしか思えないんですよ。

 

高木 ですよね。

 

野村 里崎さん、キャッチャーとしてはどうですか?

 

里崎 4回表の鈴木誠也のホームランについては甲斐の立場で考えたら俺の責任じゃないなと考えるんですよ。

 

その場面についてはこちらで語られています

 

野村 うん。

 

里崎 でも、このデスパイネのホームランは完全に『俺がやっちゃったな』って思います。

 

野村 そうですよね。要求した通りのボールですもんね。

 

里崎 しかも、デスパイネに対してバッテリーは1打席目でもそうですけど、この打席でも3球連続でシュートを続けたんですよね。

 

野村 うん。

 

里崎 それでホームランですから。もう完璧に読まれているんですよ。だからピッチャーにはゴメンとなりますね。

 

高木 もう本当に要求以上のボールが来ている感じだもんね。

 

里崎 そうですね。だからこれを打たれたら、僕だったら完全に自分の責任だなと思うパターンですね。

 

高木 でも、伏線があって、前日にアウトコースの真っ直ぐをライト方向にホームランを打たれているでしょ。

 

野村 そうですね。

 

高木 だからインサイドを攻めたかったというのも分かりますけどね。でも、打者の技術から言わせてもらうと、あれをファウルにしないで入れるというのは凄いことですよ。

 

野村 普通に考えると芯で捉えるとファウルになりそうなところですもんね。

 

高木 それぐらいのコースに投げてますもんね。

 

野村 はい。

 

高木 だから完全に読まれていたということですね。

 

野村 打ち方もイメージされていた可能性がありますよね。

 

高木 うん。

 

野村 これはピッチャーとしてはたまらんですね。

 

里崎 キャッチャーとしては謝るだけですね。

 

野村 逆にピッチャーも自信無くしますよ。いくら読まれてたとはいえ、これだけ完璧に捉えられるとね。

 

高木 僕らも守っていてキャッチャーを責めますね。『お前、読まれてるやんか』って。

 

里崎 豊さん、もうキャッチャーは謝るだけなんですよ。

 

一同 ハハハ(笑)

 

里崎 もう自分が悪いことを認めているんですよ。

 

野村 そうですね(笑)

 

 

以上です。

會澤のリードがやらかしたのとデスパイネの内角の捌きが完璧でした。

おすすめの記事